焼酎/焼酎ランキング

焼酎のおいしい飲み方ベスト10!

焼酎は種類もいろいろあるけれど、飲み方もまたいろいろ。自分好みのスタイルで好みの焼酎を飲むのがなにより最高。おいしい飲み方ベスト10を紹介。

この記事の担当ガイド

ワイン・日本酒・焼酎・ビール…と酒ならなんでも来いっの女達人!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
焼酎の種類は多いが、いろいろな飲み方で楽しめるのも焼酎の魅力の一つだ。人気の飲み方、これぞ王道、伝統の飲み方などをベスト10形式でご紹介。もちろん、あなた流にアレンジして楽しんでほしい。

まずは、10位から7位まで。

10位:トゥワイスアップ(水と焼酎が半々で氷なし)

 

ウイスキー好きの方ならよくご存知、これぞウイスキーの王道という飲み方「トゥワイスアップ」。お酒と水とを1:1で割る飲み方で氷はなし。ウイスキーをテイスティングするときに使われる方法で、水で割るけれど意外に薄くならず、ツンとくるアルコール感を和らげて、お酒そのものの個性を際立たせてくれる。
これ、焼酎にも活かせる。特に、原酒や初留取りなどアルコール高めの焼酎、樽熟成などはお勧め。カウンターで「芋、トゥワイスアップで」なんて注文したら、ちょいとかっこいいかも。水は、もちろんおいしい水で。


9位:パーシャルショット(冷凍庫で氷点下にした焼酎)

 
アルコールの高いウォッカやラム、ジンなどを冷凍庫に保存して、キンキンに冷えた状態で飲むのが「パーシャルショット」だ。原酒や初留取りなど高アルコールの焼酎がお勧め。氷温のせいと高アルコールのせいで白濁してとろりとなめらかなになる。一口含めば、舌も体も心地いい刺激をうけること間違いなし。グラスはもちろん透明で小ぶりのものをお勧めしたい。


8位:緑茶割り・番茶割り・蕎麦茶割り・そば湯割りなどカクテル

 

最近人気なのが焼酎の緑茶割り。どこで人気かといえばお寿司屋さん。冷たいのも温かいのもいい。緑茶のタンニン(苦味)と爽快な香りが、魚の生臭さを消してくれ旨味をぐっとアップしてくれる。体にもよさそうだしね。緑茶があれば、番茶割りもウーロン茶割りもそば茶割りも、そば湯割り(これだけ独立させてもいいくらい)だってお勧めできる。番茶は家庭料理と、ウーロンは脂っこい料理と、そば茶・そば湯はもちろんそばと。料理との相性がいいのもこの飲み方。お酒の弱い方には、お茶にちょっと焼酎を垂らすのもいい。紅茶に焼酎で、日本版ロシアンティーという具合に。


 

 
緑茶割りをはじめとして、好みの飲み物と焼酎を混ぜれば、それはすべて焼酎カクテルだ。実は、チューハイ、サワー、ホッピーも立派なカクテルといえる。自由自在に味わいを代えて楽しめるのがカクテルの醍醐味。伝統と自由の酒「焼酎」なら、焼酎産地の名産品を使ったカクテルや、我が家のオリジナルカクテルなんていうのがあってもいいね。写真は左からトマト焼酎とトマトジュースの「ブラディー・マリー風」、日向夏とそば焼酎、野菜ジュースと野菜焼酎。


7位:ソーダ割り

 

焼酎をソーダで割るのも、いわば、カクテルの一種だろう。ここでは一つのカテゴリーとして独立ランキング。爽快&軽快なタイプの焼酎をソーダで割れば、そのフレッシュ感は何倍にも増す。レモンやライム、ミントの葉やイチゴ、プチトマトなどを浮かべれば、海辺やパーティーにも似合ってしまう。またロックでおいしい芋焼酎などもソーダ割りにすると柑橘フレーヴァーが香りたち、より華やかに楽しめる。乾杯にもいい。


→次ページで「第6位」から「第4位」までを発表!

更新日:2010年06月30日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    41

    この記事を共有する