日本酒/日本酒ランキング

「山廃」おすすめベスト5!

山廃造りで人気の銘柄ベスト5を紹介しよう。さて、気になる銘柄は、入っているだろうか?!

この記事の担当ガイド

ワイン・日本酒・焼酎・ビール…と酒ならなんでも来いっの女達人!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本酒ラベルの「山廃」という文字をみて「おいしそう」と思った方はかなりの日本酒好き。「なんだか難しそう」と思った方は、初心者の方かもしれない。

正式には「山卸し廃止酒母仕込み」を略して「山廃」。「生もと(きもと)仕込み」と同じように、空気中や蔵内天然乳酸を使用し雑菌の増殖を抑制し、低温でじっくりと育てる酒母製造方法のこと。 一般的な人工培養の酒母を使う「速醸酒母」と比べて、大変な手間がかかる。

「山卸し」とは、「生もと仕込み」の際に行われる米と米麹と水をすりつぶすように練り上げる作業のことで、この部分を簡素化した(=廃止した)のがこの「山廃」。「生もと」よりはいくぶん手間暇を省くことが出来るが、伝統的手法としては同じ。山廃で醸された酒は濃醇でふくらみのあるフルボディータイプとなる。

5位:白神酒造 特別純米

白神酒造 特別純米
南は白神山地と、北は岩木山にはさまれた大自然の蔵。「青森の山廃」として通に人気なのがこの「白神」だ。蔵としての歴史は浅いが、自然遺産の白神山地のイメージどおり、自然な清酒造りが第一の身上。地元米を極寒仕込みで丁寧に時間をかけて造る。

きりりとした辛口だが、すっきりと淡白な第一印象で嫌味がない。寒仕込みの影響か。しかし、中盤からのコクと旨味はさすが。白身魚の西京焼き、イカやホタテのバター焼きなど一緒にやれば、杯を口に運ぶのが止まらなくなる。

<DATA> 1800ml  2,200円
720ml  1,470円
むつほまれ・華吹雪
日本酒度 +3
アルコール度 16.5度

白神酒造株式会社
住所:弘前市大字米ヶ袋字村元22
電話:0172-86-2106


4位:福千歳 山廃仕込 蟹至福

福千歳 山廃仕込 蟹至福
嘉永2年(1849年)創業。福井市内にある福井では珍しい山廃蔵だ。軟水仕込みと雪国ならではの自然な寒仕込みで、優しく女性的でしなやかな筋肉を持つ山廃となる。とはいえ、開封後の味わいの変化の少なさや劣化しない力強さは、丁寧な山廃仕込から来るものだろう。

明治42年(2009年)に国の醸造試験所で開発され実用化された山廃仕込み。あれから100年の歳月が過ぎたけれど、かたくなに、実直に、山廃で造りを続けてきた生真面目な味わいにファンは多い。今回は、福井名産の越前がににぴったりの「蟹至福」をランキングしたい。


詳細記事:生もと、山廃、速醸の違い
詳細記事:山廃造りに命をかける、福井の蔵「福千歳」
詳細記事:蟹至福

<DATA> 1800ml 2,300円
福井県産五百万石 65%精米(掛米)
アルコール度  14.6%
日本酒度  +4

田嶋酒造株式会社
住所:福井県福井市桃園1-3-10
電話:0776-36-3385


3位:飛良泉 山廃 特別純米

飛良泉 山廃 特別純米

1487年(室町時代)の創業。500年の歴史を持つ秋田県最古のお蔵である。「はでな桜の花よりも、地味ながらもふくらみのある梅の花のような酒をつくりたい」を信条に、山廃仕込みの手造りを続けている。

ポリシーどおりふくよかで心地いい酸味とコクを楽しめる逸品。美しく淡い山吹色に、ヨーグルトやクリームのようなまろみある味わいが印象的。ワインと同じようにデキャンタージュ(酒を他の入れ物に移し変えることによって空気と触れさせまろやかにするサービス手法)しても面白い。赤ワイン的に楽しめる清酒。クリーム系の料理と。もちろんお燗もいい。


詳細記事:サケ・チャレンジ2008結果発表!

<DATA> 720ml 1,628円
美山錦  58%精米
アルコール  15度~15.7度
日本酒度  +4

株式会社飛良泉本舗
住所:秋田県にかほ市平澤字中町59番地
電話:0184-35-2031(代)


→次ページで「第2位」と「第1位」を発表。

更新日:2010年05月14日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する