毎日のお助けレシピ/炊飯器で作るケーキ・おやつ

本格的!甘酒の簡単な作り方

麹(こうじ)と米で本格的な甘酒を作ります。炊飯器を使えば、誰にでも失敗なく、本物の甘酒が作れます。アルコール分が含まれていないので、お酒が苦手な方や、子供でも飲めます。砂糖を使わないのに甘味たっぷりです。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本格的!甘酒の簡単な作り方

所要時間:60分以上

カテゴリー:サブのおかず甘酒

 

炊飯器で、本格的甘酒を簡単に作る!

麹(こうじ)とお粥で、本格的な甘酒を作ります。炊飯器の保温機能を使えば、誰にでも簡単に、本物の甘酒を作ることができます。砂糖を使っていないのに甘味たっぷりです。温度を一定に保つために、炊飯器に蓋をしないで作ります。アルコール分が入っていないので、小さいお子さんでも飲めます。桃の節句の白酒代わりに作ってあげてはいかがでしょうか。
酒粕甘酒のレシピはこちら

炊飯器で作る甘酒の材料(4人分

甘酒の素
400~500g
1合
少々
今回は麹を500g使いました。購入した麹が500g入りだったからです。400g以上あれば、細かいグラム数はそんなに気にしなくていいです。購入した麹を余らせることなく使い切ってください。

炊飯器で作る甘酒の作り方・手順

甘酒の素を作る

1:米をといでお粥を炊く

米をといでお粥を炊く
米をといで、おかゆ用の水加減をして、おかゆコースにあわせてスイッチを入れる。

2:麹をほぐす

麹をほぐす
麹を手でバラバラにほぐしておく。

3:おかゆに冷水を加えて少し冷ます

おかゆに冷水を加えて少し冷ます
スイッチが切れたら内釜ごと取り出す。おかゆをヘラで混ぜ、冷水を2カップ強(450ccぐらい)混ぜて温度を下げる。
おかゆが熱すぎるとうまく発酵しません。目安は60℃ぐらいです

4:おかゆに麹を混ぜる

おかゆに麹を混ぜる
おかゆに麹を加え、ヘラで均一になるように混ぜる。
このとき、ひたひたにならないようであれば、ぬるま湯を足します

5:炊飯器にセット

炊飯器にセット
表面を平らにならし、炊飯器にセットする。

6:盆ザルかタオルで蓋をして保温

盆ザルかタオルで蓋をして保温
炊飯器の蓋は開けたままにして、盆ザル(またはタオルか布巾)をかけて、保温スイッチを入れる。
炊飯スイッチではありません

7:4~5時間保温して発酵させる

4~5時間保温して発酵させる
1時間半~2時間おきにかき混ぜながら、5時間ほど発酵させる。
(画像は4時間後のもの。辺りに甘酒の匂いが漂い、かなり甘くなっている。が、粒粒が少し硬いので、もう少し発酵させることにし、今回は合計5時間保温発酵させた。)

これで完成でもいいのですが、さらにまろやかにし、長持ちさせるために仕上げの加熱をします

8:仕上げの加熱

仕上げの加熱
蓋を開けたまま炊飯スイッチを入れ、時々かき混ぜながら、沸騰直前(90℃ぐらい)まで加熱して、塩を1つまみ加えてスイッチを止める(今回は20分間加熱)。

蓋を開けたままでの炊飯ができない炊飯器の場合は、普通の鍋に移しかえて、火にかけて加熱します

9:冷ます

冷ます
別の容器に移して冷ます。
室温が高い季節は、発酵が進み過ぎないよう、容器ごと冷水に浸けて冷やします

10:飲み方

飲み方
飲むときは、必要なだけ小鍋にとりわけ、お好みの固さに薄めて温める。
器に注いでお好みでおろし生姜をのせる。割り箸などでかき混ぜながら飲む。

甘味が足りないようであれば砂糖を加え、塩が足りないようであれば塩を少量加えます

ガイドのワンポイントアドバイス

出来上がったのは「甘酒の素」です。どろどろの濃い状態ですので、お好みに合わせて薄めて飲みます。発酵させる温度は60℃ぐらいがベストです。高すぎても低すぎてもいけません。色々試した結果、炊飯器で蓋をしないで保温して作ったのが最も理想的な甘酒になりました。余った「甘酒の素」に塩を加えれば漬け床になります。大根を漬ければおいしいべったら漬けができます。なお、最後の仕上げ加熱を炊飯器ですることについてですが、蓋を開けての保温は殆どの炊飯器が可能なはずです。でも、炊飯はできないものもあります(例えば圧力式炊飯器)。そのときは、普通の鍋に移し変えて、火にかけて加熱してください。

更新日:2010年01月20日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    213

    この記事を共有する