恋愛/相性診断

末っ子気質—その恋愛傾向と相性分析

一般的に兄弟姉妹の構成と本人の性格形成には、大いに関連性があると言われています。今回は、兄や姉がいる末っ子の恋愛傾向や相性の良い相手について解説します。

執筆者:工藤 祐子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

末っ子タイプと末永く付き合うための3つのポイント

カップル
恋人が末っ子だった場合、あなたが取るべき行動や心構えとは……?
1.生意気な甘えん坊を可愛がれる、姉御肌や兄貴分の人がベスト
末っ子は周囲に守られ、心の中では自分が誰からも愛されると過信する傾向があります。そのくせ、もっともらしく生意気なことを言って、目上の人に対する謙虚な姿勢に欠けたり、人を小ばかにしたような態度をとりがち。こうした末っ子気質には、同じ末っ子気質は合いません。面倒見がよく寛容な、姉御肌の女性や兄貴分の男性が好相性です。

生意気な年下を可愛いと思える人は、男性にも女性にもいます。そういうタイプには、末っ子気質と同じ土俵で闘わず、手の平の上で転がしているような余裕のある人が多いでしょう。そうした相手にこそ、末っ子は上手に甘えることもでき、けなげな一面や可愛らしい一面を見せることができるのです。

2.末っ子の競争心を上手にコントロールする
人に対して競争心を抱きやすい末っ子は、恋人の周囲にいる異性と自分を比較して、密かに勝敗をつける癖があります。それが嫉妬や束縛に発展することも多く、その点は少しやっかいかもしれません。

そんな末っ子の競争心を上手にコントロールするためには、鞭よりも飴が有効です。叱られたり厳しくされることで伸びるタイプは長子に多く、末っ子は誉められて伸びるタイプが多いと言えるでしょう。末っ子が人に対して敵対心を持っている場合は、自分自身の過去と未来を比較させるなど、基準を自分の中に持つことを優しく諭せる人がベストなパートナーです。

3.要領のよさ=ずる賢さであることに要注意
周囲を観察し、要領よく振る舞うことができるのは、末っ子によく見受けられる傾向です。要領がいいことは決して悪いことではありませんし、恋人であるあなたはそれに助けられることもあるでしょう。が、要領のよさは時に、ずる賢く感じられることもあるかもしれません。たとえば、何かを成し遂げたり手に入れたりするために、自分は苦労をせず人を利用してしまう、など。

ですから、恋人であるあなたも利用されることのないよう、注意が必要です。たとえ要領が悪くても、人が回り道して苦労しながら努力し続ける姿は美しいもの。その過程から、結果以上の価値を見出すことだってあるはずです。利用されるのではなく協力してあげるのだ、と思ったとしても、それが末っ子気質の恋人のためになるのかどうか、考えることも大切です。

【関連リンク】
出身地・家族構成による相性診断

【関連記事】
ひとりっ子気質―その恋愛傾向と相性分析(All About相性診断)

更新日:2007年11月19日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    2

    この記事を共有する