石田陽子の恋愛コラム/石田陽子の恋愛情報

どこからが重い女? 愛情表現のさじ加減

男性にとって愛情深い女と重い女とは、どこがどう違うのか。その境界線とは? ということで、今回は重い女だと思われないための愛情表現のさじ加減について考えてみます。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

恋人から「重い」と言われたことがありますか?

重い女
愛情深い女と思い女の違いとは?
以前つきあっていた彼に「重い」と言われ、辛い恋愛をしていた女性から「その彼にはフラれちゃいましたが、今はすべてを受け入れてくれる彼とつきあい始めて幸せです」と報告メールをいただきました。(よかったですね)

ただ、つきあって1か月で「結婚したいオーラ」を出してしまい、また「重い女」だと思われないように自粛している様子。男性にとって愛情深い女と重い女とは、どこがどう違うのか。その境界線とは? ということで、今回は重い女だと思われないための愛情表現のさじ加減について考えてみます。


重い女とは? 愛情表現をチェック!

重い女
過不足なく、愛情を表現できたら…
お互いに結婚へと気持ちが盛り上がっているなら別ですが、つきあい始めて1か月で結婚を迫るような言動(ウエディングドレスが掲載されている雑誌を見せたり、いきなり家族に紹介しようとするなど)は、男性も警戒します。

愛情を表現することは大事ですが、それが重く感じられないためにはどうすればいいのか。恋人に対するありがちな行動を○、△、×で解説していきますね。

■手作りのお菓子、セーターをプレゼントする……△
→手作りのプレゼントに愛情を感じる人は多いもの。おいしかったり、センスに合うものなら喜んでもらえるでしょう。ただ、頑張った自分を主張しすぎるのはスマートではありません。

また、「自分では絶対に選ばない色(ラッキーカラーの黄色)のセーターをもらって着るのを躊躇したら『せっかく作ってあげたのに』と責められた」(K介さん)というように、手作りのものを贈るのが重い女ではなく、愛情を受け取ってくれるのが当たり前だと考え、プレゼントしたことでそれ以上の見返りを求めるのが重い女です。

■毎日電話で「おやすみコール」をしないと眠れない……×
→遠距離恋愛のカップルなどは決まった時間に声を聴くだけでも安心できるので、「おやすみコール」をするのは悪いことではありません。でも、どちらかが負担に感じたり、義務になったら辛いし、いつも一方的に電話していたら、彼が電話する気をなくしてしまいそう。彼が思わず電話したくなるような話題を提供できるように、自分時間を充実させることに一生懸命になれば重い女ではいられません。

電話を義務にしないために時間がとれるときにゆっくり話したり、忙しいときは簡単なメールを送るなど、眠れないほど深刻に思い悩むことのないように信頼関係を築けたらいいですね。

■休日には掃除や洗濯をしてあげる……×
→「家事力」アピールで一緒に暮らしたい、結婚したいという気持ち全開なのが一目瞭然。掃除、洗濯が好き、得意なのはいいことですが、一緒に住んでもいない人の家事を請け負うことはありません。手伝う、協力する程度にとどめて、過剰なサービスはやめたほうがいいでしょう。

つきあったばかりの彼女に身の回りの世話すべてをさせる男性も考えものです。


愛情表現チェックはまだまだ続きます。次のページへ!

更新日:2010年05月14日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する