婚礼衣装/婚礼衣装アーカイブ

未婚・既婚の着物選び

結婚式のスタイルが多様化した今、お呼ばれするゲスト側の装いにも変化が! 古いマナー本ではわからない、今の着物のドレスコードをチェックしましょう。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
会食
結婚式のスタイルやゲストの顔ぶれによって装いを決めましょう。【写真協力:Color Clips
冠婚葬祭のマナー本を読んでいると、既婚者は黒留袖の一点張り。でも結婚式のスタイルも大きく変化した今では、20代の友人ミセスが振袖で結婚式に出席してくれた! なんて大いにありえること。本来、振袖は未婚女性の正装なのでドレスコード上はNG。でも友人が振袖姿で結婚式に列席してくれば、花嫁も花嫁親族も華やかな雰囲気に喜んでくれたり…。つまりドレスコードも時代とともに変化しているということ。

結婚式をおこなう会場だって格式あるホテルにゲストハウス、リゾートにレストランまで幅広くなりました。だからこそパーティが開かれる会場と、花婿花嫁が考えている結婚式スタイルを汲み取って装いを決めることが大切。だからと言ってもちろん何でもOK! な訳ではないですよ。結婚式らしい「格」と華やかさは必須です。今回は、今使える着物のドレスコードをチェックしていきましょう。ちなみに結婚式のしきたり同様、やはり地域によって多少の違いはあります。気になる場合は先方に事前に確認をお忘れなく。

姉妹・親戚としてお呼ばれ(未婚)

鶴
鶴は長生きと、つがいになった鶴は一生添い遂げることから結婚式の定番モチーフ。【写真協力:Color Clips
未婚なら振袖が華やか。未婚でも振袖を着るには年齢的にも抵抗がある…という人は、色留袖でもOKです。ただしこの場合は着付けの際に、華やかでフォーマル感のある変わり結びをオーダーしましょう。二重太鼓だと妙に落ち着いて見えがちなので、若々しさや可愛らしさをアピールできる着こなしをしましょうね!

訪問着は基本的に親族以外の人の準礼装とされますが、カジュアルな結婚式や、若い人や遠い親戚などの場合は結婚式に着ても大丈夫です。結婚式らしい品格のある訪問着に、格調高い帯を合わせて、帯締めもパールやジュエリーを使ったものをセレクトすれば、おしゃれで華やかな雰囲気になりますよ!

姉妹・親戚としてお呼ばれ(既婚)

一応、黒留袖はミセスの正礼装です。ただ花婿花嫁側から少し華やかにして欲しいというリクエストがある、もしくは黒留袖を着るには少し若すぎるAll About世代なら、三つ紋または一つ紋の色留袖・色無地や一つ紋の訪問着などがいいでしょう。ただし地方によっては、年齢がいくら若くても既婚者は黒留袖! と言われるところもあるので確認を。特にダンナ様の実家側の結婚式ならなおさら。あとでコワーイ陰口を叩かれないためにも、しおらしく確認しておきましょうね。

友人・会社の同僚としてお呼ばれ(未婚)

結婚式を華やかに演出する振袖がオススメ! 振袖は花嫁や親族にも喜んでもらえます。ただし気合を入れすぎて花嫁より目立ちすぎないように。花嫁がお色直しで大振袖を着るようなら、着物の色などを事前に聞いておくといいでしょう。あくまで主役は花嫁ですから! ちょっとした心配りが大切です。

振袖以外には訪問着、付け下げ、一つ紋の色無地もOKです。式服らしいコーディネートを心がけつつ、色合わせなど和装ならではのおしゃれを楽しんでくださいね!

友人・会社の同僚としてお呼ばれ(既婚)

三つ紋や一つ紋の色無地、一つ紋の訪問着、会場の格式などによっては、一つ紋の江戸小紋もOKですよ。江戸小紋はおしゃれ着としても着られるので、意外と用途が幅広く便利です。帯などのコーディネートは結婚式らしく華やかで格式高い組み合わせを心がけましょう。

さらに今は若いミセスなら振袖を着て出席する人もいます。意外と宴席が華やかになり、喜ばれます。基本的にはNGですが、主役である花婿花嫁側に確認をして問題なければ、振袖もアリです。格式を重んじる結婚式の場合や、しきたりにうるさい親族が多い結婚式などであれば、いくら友人でも振袖は避けたほうがいいでしょう。


着物で結婚式に列席する場合は、余計に着物の格式などが気になりますが、まずはお祝いする気持ちが大切。お祝いに相応しい装いなのかがベースです。そこにお慶び事らしい華やかさをプラスして、和装らしいおしゃれを楽しんでくださいね!


更新日:2009年09月12日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    4

    この記事を共有する