和菓子/デパ地下・商業施設の和菓子

大丸東京「森幸四郎」のカステラ・どらやき

大丸東京店に入る新ブランド「森幸四郎」。この道50年のカステラ職人の名を冠した店の商品は「かすてら」と「どらやき」だけ!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年11月6日に移転オープンした大丸東京店に入る新ブランド「森幸四郎」。この道50年のカステラ職人の名を冠した店の商品は「森 幸四郎のかすてら」と「森 幸四郎のどらやき」だけ!

(目次)
P1 大丸東京店「森幸四郎」、「五三カステラ」
P2 「森 幸四郎のかすてらと、どらやき」と店舗詳細

大丸東京店「森幸四郎」オープン

森幸四郎
大丸東京店
1階スイーツフロアに入る
「森幸四郎」
大丸東京店1階、全51店が入るスイーツフロアにある「森幸四郎」。ひと際長い行列が目印です。

並ぶ理由はきっと、美味しさに加え「森幸四郎」ブランドに惹かれてのこと。作り手を前面に出した店作りの強さを感じます。和菓子の世界でも洋菓子におけるパティシエのように、作り手の顔を表に出す動きを少しずつ見かけるようになってきました。

「森幸四郎」と「五三(ごさん)カステラ」

森幸四郎
「五三カステラ」の復元により
食品産業優良企業等表彰
技術功労部門
「フード・マイスター」受賞
新ブランド「森 幸四郎」。カステラの老舗で50年に渡り職人を務め、幻の味と言われた「五三カステラ」の復元と技術を完成させ、農林水産大臣賞「フード・マイスター」を受賞した森幸四郎氏が監修したお店です。

「五三カステラ」とは、かつて贅沢で非常に美味しいことから「五味」転じて「五三」焼きと呼ばれたカステラのこと。森幸四郎氏が完成させた作り方は、卵白と通常のカステラの3割増しの卵黄を一緒に泡立てる「共立て法」によるもの。共立て法にすることで、水飴の量を減らしてもしっとりきめ細かく焼きあがるのだそうです。

森幸四郎
桐箱入りは、やや日持ちする
真空パック
「復元」と言っても、厳選素材と進歩したオーブン、熟練職人の探求と技術により作られた現代の五三カステラは、当時のものより洗練された仕上がりのはず。ぜひお試しあれ。

次ページでは、「森 幸四郎のかすてらと、どらやき」と店舗詳細をご紹介します>>

更新日:2007年11月22日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する