チョコレート/バレンタインのおすすめチョコレート

最上級ホテル☆バレンタイン・ショコラ2009

最上級ホテルのチョコレートならば、ブランドに疎い男性も「おっ」と唸るはず。パッケージも美しく高級感漂う贅沢なホテル・チョコレートをバレンタインにいかがでしょうか?

この記事の担当ガイド

スイーツ・お取り寄せを専門にするスイーツコーディネーター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最上級ホテルのチョコレートならば、ブランドに疎い男性も「おっ」と唸るはず。
パッケージも美しく高級感漂う贅沢なホテル・チョコレートをバレンタインにいかがでしょうか?

帝国ホテル
ザ・ペニンシュラ東京
マンダリン オリエンタル 東京
コンラッド東京
グランドハイアット東京

帝国ホテル

写真をクリックすると次のページに進みます
DIGNITY(ディグニティ)2,100円(税込)3粒各一個入り。

帝国ホテルといえば、洋菓子の世界大会「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー2007」で世界一に輝いた日本代表チームのリーダーを務めた帝国ホテル東京のショコラティエ 市川幸雄氏がいらっしゃいます。

その市川氏の作るショコラはどれも繊細。 特にお薦めはディグニティです。

“コニャックXO”“トリプルセック”“マール・ド・シャンパン”の3種のお酒を効かせた「風格(ディグニティ)という名のチョコレートは、芳香な香りがたちのぼり、チョコレートの上品な甘みとよく合います。

“コニャックXO”…熟成したブランデーのコクと豊な香りがビターチョコレートを引き立てます。
“トリプルセック”…切れの良いオレンジの香りとミルクチョコレートの優しい甘さが相性抜群です。
“マール・ド・シャンパン”…フルーティで上品なシャンパンがチョコレートと優しく溶け合います。

センターのガナッシュが滑らかなことに加え、チョコレートのコーティングが薄く、口どけが大変良いのが印象的です。ガナッシュのフレーバーに合わせ、コーティングの厚みを調整するという、こまやかな手作業は、技術の高さを感じられる逸品。

食後酒と一緒に楽しみたい、大人のための贅沢なチョコレートです。

写真をクリックすると次のページに進みます
生チョコレート 2,625円(税込)2種各15粒入り

生チョコレートは爽やかな「シトラス」風味とまろやかで濃厚な「キャラメル」風味のやさしい口どけのチョコレートです。

「シトラス」はビターチョコレートに、グレープフルーツ、オレンジ、レモンの果汁を加え、さわやかな香りと酸味を生かしています。ほのかに香る山椒がフルーツの甘さを引き締めています。

「キャラメル」はミルクチョコレートに、ゲランド産の塩を加えて作ったキャラメルを混ぜ合わせたもので、優しい塩味がキャラメルの濃厚な甘さを引き立てます。こちらはコーヒーを加えることで、上品な甘さの中にほろ苦い余韻を楽しめます。

シュガーパウダーをまぶした真白な「シトラス」と、ココアパウダーをまぶした「キャラメル」の色のコントラストも美しく、今年の新作の生チョコレートに注目です!

■販売場所:帝国ホテル東京 本館1階 ホテルショップ「ガルガンチュワ」
■電話:03-3539-8086(直通)
■営業時間10:00~19:00




更新日:2009年02月06日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する