ラーメン/九州のラーメン

南京ラーメン 黒門@遠賀町

博多と北九州の間くらいにある店で、店主は超の付くラーメンマニア。博多ラーメンとも違う豚骨ラーメンが実に旨い。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
九州のラーメンと言えば、博多ラーメンが有名である。そして福岡県には久留米というもう一つのご当地ラーメンが存在する。さらには、最近急成長してきている北九州という隠れたラーメンエリアもある。そして今回紹介するラーメン店はそのどこにも属さない「遠賀郡遠賀町」という場所にあるのだ。

遠賀郡遠賀町とはどこにあるのか?

黒門
南京ラーメン 黒門の外観
私もこの店に行くまでは「遠賀郡」はもちろん「遠賀町」も知らなかった。実はお恥ずかしい話、読み方すら知らなかったのである。地元の方、すみません。

読み方は「おんがぐん おんがまち」と読む。JR鹿児島本線で遠賀川駅下車。博多駅から普通電車で約1時間かかる。そこから小倉までは約35分。博多と北九州の間でちょっと北九州寄りにある町だ。人口は約2万人。


ちょっと変わった豚骨ラーメン

黒門
半透明半濁の豚骨ラーメンで塩ラーメン風
オープンは2003年6月らしい。今は無き「黒木」というラーメン店(北九州市八幡東で50年ほど続いたお店)に教えて貰ったとのこと。その店のことは私は残念ながら知らないし、ましてや食べてもいない。

ここのラーメンは白濁というより半濁くらいの豚骨塩ラーメンでビジュアル(見た目)が大変きれい。スープは軽めなのだがすっきりして実に旨い。麺は柔らかめだがよく合っている。

チャーシューはバラ肉ともも肉の2種類を使っていて、それでいて500円は実に嬉しい値段。店内にある暖簾は一竜軒(唐津)のものだとか。一竜軒には食べに行ったことがあるが、こことはまた違うタイプの旨いラーメンである。

昔、一竜軒が北九州にあったときに好きでよく食べに行っていたお店らしい。実は後でわかったことだが、ここの店主は年間500杯以上食べていた元ラーメンフリークだったようだ。バリエーションが豊富な東京でならいざ知らず、九州で年間500杯は相当すごい数字である。その食べた実績から出来上がったラーメンこそが、このラーメンなのだ。それで良くできたラーメンだったわけである。納得。そして、お勧め。



<店データ>
■南京ラーメン 黒門
所在地:福岡県遠賀郡遠賀町島門2-12
電話: 093-293-1314
営業時間:11:00-19:00
定休日:木曜、第三日曜
地図:Yahoo!地図情報

関連記事
博多に知名度では負けるが北九州にも旨い店が多い
ラーメンスタジアムがリニュアルオープン ラーメンスタジアム2@福岡

関連INDEX
九州地方のラーメン情報
福岡のラーメン・中央区
福岡のラーメン・福岡市その他
福岡の屋台・博多区

更新日:2006年08月31日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する