散歩/江戸風情を探す散歩ルート

大久保利通の暗殺現場、紀尾井坂を歩く

現在放送されているNHK大河ドラマ「篤姫」にも登場する大久保利通が明治11年に暗殺された現場を歩く。紀尾井坂から清水谷公園、そして大久保の自宅があった霞が関までの散歩。

この記事の担当ガイド

「歩けばわかる!」を合言葉に、東京中を踏破する散歩ライター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治の政治家大久保利通暗殺の現場へ

1
四ッ谷駅前の麹町口から市谷方向をのぞんだところ。
この日は快晴の休日。いつもなら静かな四ッ谷駅周辺も私服、制服の警察官が多数いた。
カメラを抱えてウロウロと歩いていると何度か「何をしているんですか?」と声をかけられる。
中国の国家主席である胡錦濤氏が来日しているからであろう、迎賓館前もなんだか騒然としている。

明治11年(1878年)5月14日午前8時10分、明治の元勲、大久保利通は自宅があった裏霞ヶ関の自宅を馬車で出かけた。いまの迎賓館のあたりにあった赤坂仮皇居へ向かうためである。
その途中で暗殺されたのだ。きょうはその現場を歩いてみる。

四ッ谷から上智大学脇の土手を歩く

1
土手は古い樹木が生い茂っている
初夏、天気のいい日はぜひこのコースを散歩してみてほしい。高い土手からは線路の向こう側に上智大学のグラウンドや迎賓館などが見渡せる。
何よりもアスファルトではなく土の上を歩くというのがいい。
そして何より、このあたりは休日になると人通りが少ないので、自分のペースで歩けるということだ。
しかも途中にはベンチなどもあり、天気のいい日は弁当持参でも楽しいかもしれない。

都心の真ん中とは思えない道

1
実に楽しい道が続いている。
この土手は、実際は短くあっという間に終わってしまう。市谷方向に歩けば、飯田橋まで続いるのだが、僕はこの四ッ谷駅から赤坂側へ歩くこの土手が好きだ。
土手が終わるとそこはホテルニューオータニである。このホテルの前の坂が紀尾井坂である。
明治の不平武士によるテロ行為である大久保利通の暗殺事件は「紀尾井坂の変」と呼ばれている。

紀尾井坂から霞が関までの6.7kmのコース。本サービスは株式会社アルプス社ALPSLAB routeを利用しています

更新日:2008年05月11日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する