効果的な簡易スプレーワックスのかけ方とは

「念願のマイボードを手に入れたものの、その後のメンテナンスはどうすればいいんだろう?本格的なホットワックスまでは出来そうもないし、とりあえず簡易スプレーワックスを購入したけど……、やり方ってあるのかな?」

という人は多いですよね。僕が働いているショップ「ミナミREDS店」でも、初めてボードを購入されるお客さんは大概この質問をされます。そこで今回は、REDSでよく売れている「HOLMENKOLハンディワックスセット」を実際に使いながら、効果的な簡易スプレーワックスのかけ方をご紹介したいと思います。

画像の代替テキスト
REDSでお世話になっている大先輩の門馬さん
また、今回も前回の「BOAチェック」に引き続き、ガイドの大先輩「門馬(モンマ)さん」に色々と教えて頂きました。ではさっそく始めしょう!

【関連記事】
5分でできる、スノボのワックスのお手軽なかけ方

 

HOLMENKOLハンディワックスセット

画像の代替テキスト
ツールボックスに入っていて持ち運びも便利です。¥2980
■セット内容
・ファンワックス
・リムーバー
・クリーニングペーパー
・フィニッシュコルク
・プラスチックスクレパー
・ミニ巾着

はじめはこのようにセットになっている商品が買いやすいと思います。ホルメン以外にもセット商品はありますので、内容や値段を検討してみて下さい。もちろんバラ売りで揃えてもオッケーで、最低限必要なのはワックス、リムーバー、コルクの3点になります。


実際にやってみよう!

画像の代替テキスト
少し離してソール全体に吹きかけます
1:リムーバーをソール全体に吹きかける
まずはソール(滑走面)の汚れ落しから始めます。車の場合もしっかりと洗車をしてからワックスをするように、ボードのワクシングもワックスを塗る前には必ず汚れを落とします。リムーバーをソール全体に吹きかけて、汚れを浮き上がらせましょう。

画像の代替テキスト
リムーバーが乾く前にペーパーで拭き取ります
2:クリーニングペーパーで拭き取る
汚れが浮き上がるのを少し待ったら、リムーバーが完全に乾いてしまう前にクリーニングペーパーを使って拭き取ります。クリーニングペーパーがなければキッチンペーパーで代用しましょう。

画像の代替テキスト
実際こんなに汚れています


画像の代替テキスト
スポンジを押し付けるとワックスが出てきます
3:ワックスを塗る
汚れを落としたら、次にワックスを塗ります。ファンワックスは先端にスポンジが付いていて、ソールに押し付けるとジュワッとワックスが出てきますので、そのままボード全体に塗り広げます。

画像の代替テキスト
ソール全体に塗り広げましょう


画像の代替テキスト
コルクで擦ることで、滑走性・持続性が向上します
4:コルクで擦る
ワックスを塗り広げたら、フィニッシュコルクのコルク面でソール全体を素早く擦り、ソールにワックスを擦り込みます。擦る方向は特に決まりはありません。ソール全体がピカピカに光るくらいにがんばって擦りましょう。

画像の代替テキスト
フェルト面で擦るとより艶やかに仕上がります
5:フィニッシュコルクのフェルト面で仕上げる
ホルメンのコルクには、片面にフェルトが付いていますので、最後にフェルト部分でソールを擦り、仕上げとします。

画像の代替テキスト
完成です!ピカピカになりました!
6:完成!
簡単な作業なので、慣れれば5分とかからず終わります。マメにやるように心掛けましょう!


画像の代替テキスト
門馬さん、ありがとうございました



門馬さんからアドバイス&お知らせ

画像の代替テキスト
スクレパーを使うことで、よりキレイにソールの汚れを落とせます
今回使ったワックスセットには、スクレパーも入っています。せっかくなので、ソールクリーニング(汚れ落し)の際、リムーバーを吹きかけた後、拭き取る前に1度スクレパーをかけてみて下さい。前回塗ったワックスやこびり付いた汚れが驚くほどよく取れます。
 
 


画像の代替テキスト
赤いお店が目印。靖国通り沿い駿河台下交差点のすぐ近くです。
※記事が掲載された2007年時点の情報となります

【取材協力】
Minami 神田REDS店