スノーボード/スノーボード関連情報

スノーボード、3つの形状と特性

一見すべて同じように見えるボードですが、その形にはツインチップ、ディレクショナルシェイプ、ディレクショナルツインという3つのタイプがあります。今回はそれぞれの特性と選び方について説明します。

執筆者:日色 裕二

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ツインチップの利点

ガイド愛用のVOLKLスカッドプライムはツインチップです。やはりスイッチスタンスを重視してます
では次はツインチップの特徴を見て行きましょう。セットバックの説明から感の良い人なら、ツインチップがパウダーランには向いていないのがわかると思います。では、ボードのど真ん中に乗るツインチップの良さはどこにあるのでしょうか?

ツインチップの最大の利点は、やはり「スイッチスタンスの滑り易さ」にあります。

ノーズとテールが同じ形をしたボードの「ど真ん中」に乗るので、スイッチスタンスになった時もメインスタンスと同じような状態で滑ることができるのです。なので、ツインチップはメインスタンスもスイッチスタンスも関係なくライディングを楽しみたい人、つまりグランドトリックをしたり、スノーボードパークで遊んだりするフリースタイラー好みのボードと言えます。整備、圧雪されたスノーボードパークをメインで滑るのなら実際セットバックは必要ないし、「フリースタイルボード」と言われるのはこのためですね。

ただ、パウダーを滑るのは確実に難しくなることは覚えておきましょう。パウダーでも積極的にスイッチライディングをする、という滑走力の高い人は良いのですが、そうでない場合、単純にメインスタンスでもパウダーを滑るのが少し大変になります。1本のボードでパウダーからパークまで遊びたいと言う人は、やはり少しセットバックが入ったディレクショナルか、これから紹介するディレクショナルツインを選ぶことをオススメします。


ディレクショナルツインならパウダーも滑りやすい

REDSのポップには「ボードタイプ」として形状が示してあるのでわかりやすいです
ツインチップとディレクショナルシェイプを合わせた「ディレクショナルツイン」は、スイッチスタンスでの滑り易さと、フリーライディングの滑り易さを半分ずつ併せ持つ、良いとこ取りなボードです。ディレクショナルがフリーライディングをメインに楽しむ人のオールラウンドボードとするなら、ディレクショナルツインはフリースタイルをメインに楽しむ人のためのオールラウンドボードと言えるでしょう。

なので例えば、今はディレクショナルボードに乗っていて、「メインスタンスはかなり滑れるようになった」「少しずつスイッチにも慣れてきた」という人で、「これからはグランドトリックやワンメイクにもチャレンジしたい!」という人は、いきなりツインチップではなく、少しセットバックの入ったディレクショナルツインを選ぶといいと思います。パウダーランも楽しみつつ総合滑走力を磨くことが上達の近道ですからね。


アドバイス

それぞれの形状と特性は理解できたでしょうか?
スノーボードの楽しみ方により、様々な特性のボードが用意されていますので、「自分がいつもどんなスノーボードをしているのか」、また「これからどんなスノーボードがしたいのか」を考えて、自分の楽しみ方に合ったボードを選べると良いですね。皆さんに最高のボードが見つかることを願っています。

それでは次回もお楽しみに。

画像の代替テキスト
赤いお店が目印。靖国通り沿い駿河台下交差点のすぐ近くです。
【取材協力】
Minami 神田REDS店
http://www.minami.co.jp/index.jsp

〒101-0052
千代田区神田小川町3-6-16
伸幸ビル1F(Yahoo!地図情報ではココ。JR「お茶の水駅」より徒歩10分。都営新宿線「小川町」より徒歩3分)
TEL : 03(3295)5871
FAX : 03(3295)5872
Mail : reds2@minami.co.jp

更新日:2006年08月30日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する