プロレス/プロレス関連情報

ゆでたまご嶋田先生が語るキン肉マン2

ゆでたまご・嶋田隆司先生へのインタビュー続編。第2回では、『キン肉マン』人気になくてはならない無数の登場人物や、これらを生み出した嶋田先生の嗅覚と感性に迫る。

執筆者:川頭 広卓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊少年ジャンプの黄金期を支え、絶大な人気を誇った国民的人気プロレス漫画『キン肉マン』。その作者、ゆでたまご・嶋田隆司先生へのインタビュー続編(「ゆでたまご嶋田先生が語るキン肉マン1」はコチラ)。第2回では、『キン肉マン』人気になくてはならない無数の登場人物や斬新華麗な必殺技を深く掘り下げると共に、これらを生み出した嶋田先生の嗅覚と感性に迫る。ディープな『キン肉マン』マニア必見!

旧セオリーを引っくり返し、新しい価値観を作る

(右)嶋田隆司先生と(左)ガイド。話は盛り上がり、技誕生秘話まで及んだ
ガイド:キン肉マンは一話一話が完全燃焼というか、格闘家でいうなら一回の連載が一試合みたいですね。

嶋田先生:アイデアの出し惜しみをしないで、とにかく進めることですよね。

ガイド:キン肉マンでは描写の細かさという点でも、当時から群を抜いていました。

嶋田先生:それまで漫画って、“いかに早く読ませるか”っていう考え方があったんですけど、僕達はそれは違うと思っていたんですよね。いかに時間を掛けて読ませるかだよと。もう一回戻って、何回でも読み直させる。そのために情報量を多くしたかったんですよ。

ガイド:描写の細かさは、キン肉マンII世で更に顕著になりました。

嶋田先生:今、『週刊プレイボーイ』で連載しているキン肉マンII世の読者は、昔のキン肉マンを読んでいた感覚っていうのがあると思うんですよね。描写の細かさだけでなく、昔からトビラ(その連載毎の表紙にあたるページのこと)を使わなかったりっていうのも、その一つなんですけど。

ガイド:それはマガジン(『週刊少年マガジン』のこと)でも採用されるようになったそうですね?

嶋田先生:そう。トビラっていらないじゃないですか?それだったら、話しを進めた方がいいと思いますし。こだわっている人はいいんですけど、時々スカスカなトビラを書く人がいますからね。あれはページ稼ぎですよね。

ガイド:また、キン肉マンといえば読者がオリジナル超人を考え、それが本編で採用されてしまうという、当時では珍しい形で先生と読者のコミュニケーションが実現していました。

嶋田先生:あれは初代の編集者で“アデランスの中野さん”っていうのがいたんですけど、その人が考えた企画なんですよ。僕らファンレターの返事を書かなかったんですね。それで、それに代わるものっていって、当時読者の考えた怪獣を漫画に採用したんです。採用するのは、できるだけ小さい子(の作品)にしようとか色々考えました。

更新日:2006年05月18日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する