Mac OSの使い方/Mac OSの基本的な操作

Mac OSの操作のキホンをマスターしよう

Mac OSは使いやすいけど、基本が分かっていないと、なかなか使いこなせないし、上達もできないこともあります。まずはMac OSの操作の基本をキッチリおさえておきましょう。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Mac操作のキホンをマスターしよう!

Macに限らず、コンピュータを最初から使いこなせる人はいません。書籍やヘルプをよく読み理解していくことで、どうやったら何ができるか、どう効率よく使えるか、などがわかってきます。

Macの詳しい操作方法などの情報は各アプリケーション※の「ヘルプ」にも書かれていますが、こういったものを読み進める為には、ある程度コンピュータの用語や画面の名称を知っていないと理解することができません。以下の図を参考にして覚えましょう。
上記以外の説明については、Macヘルプで「テスクトップ」により検索すると見つかります(クリックで拡大)

上記以外の説明については、Macヘルプで「テスクトッフ」により検索すると見つかります(クリックで拡大)


MacではWindowsパソコンと比べるとキーボードとマウスのデザインが異なり、“キー”とか“ボタン”と呼ばれる部品の数が少なくなっています。操作の対象が少ないことで操作方法が単純化され、説明文も簡潔になり、結果としてヘルプやマニュアルが理解しやすくなります(クリックで拡大)

MacではWindowsパソコンと比べるとキーボードとマウスのデザインが異なり、“キー”とか“ボタン”と呼ばれる部品の数が少なくなっています。操作の対象が少ないことで操作方法が単純化され、説明文も簡潔になり、結果としてヘルプやマニュアルが理解しやすくなります(クリックで拡大)


※Mac OS Xなどの基本ソフトウェアに対してインターネットやメールを読んだりするソフトウェアを“アプリケーション”と呼びます


クリックとドラッグ

マウス操作の基本である、クリックとドラッグです。マウスの位置を変えずにボタンをすばやく押して離す操作が「クリック」で押すだけの操作は「プレス」と言います。

マウスのボタンを押したままにしながらマウス本体を上下左右に動かすことを「ドラッグ」といい、その次にマウスのボタンを離す行為を「ドロップ」と呼びます。この一連の操作を「ドラッグ&ドロップ(どらっぐあんどどろっぷ)」と呼びます。
マウスボタンを押して離すまでをクリックという点に注目。クリックを2回すばやく繰り返すことをダブルクリックといいます(クリックで拡大)

マウスボタンを押して離すまでをクリックという点に注目。クリックを2回すばやく繰り返すことをダブルクリックといいます(クリックで拡大)



更新日:2009年02月25日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    2

    この記事を共有する