襟を正して観たいBest10と忘れられないMore 10

いつか書こうと思っていた、映画史上のベスト10! 今回は日本映画から立派かつ有名かつガイドも好きと三拍子揃い、襟を正して観たいBest10と、どれか一つ欠けてはいるかもしれないけれど忘れられない大好きな作品More 10の20本をお届けします。今回は一監督一作ではなく、良い作品ならば、同一監督でも何作も選出します。

はじめはBest10の第10位からカウントダウンで……。

日本映画史上のBest10 第10位~第6位


第10位:『人情紙風船』
(1937年/上映時間:86min/監督:山中貞雄/出演:中村翫右衛門、河原崎長十郎)
・貧乏長屋に住む人々の日常を描いた山中貞雄監督の遺作です。その昔は小さな世界である長屋の中の色恋ざたを描いた人間模様を鋭くついた秀作。

 

第9位:『赤ひげ』
(1965年/上映時間:185min/監督:黒澤明/出演:三船敏郎、加山雄三、山崎努、団令子、桑野みゆき、香川京子、江原達怡)
・江戸幕府が開設した医療機関「小石川療養所」を舞台にした人間模様をオムニバス風に綴った感動巨編。

 

第8位:『となりのトトロ』
(1988年/上映時間:88min/監督:宮崎駿/声の出演:日高のり子、坂本千夏、糸井重里、島本須美、北林谷栄 )
・子供にだけ見える不思議な世界を描いた日本最高のアニメーションであり最上級のファンタジー!

 

第7位:『東京物語』
(1953年/上映時間:136min/監督:小津安二郎/出演:笠智衆、東山千栄子、原節子、杉村春子、三宅邦子、香川京子)
・小津作品は10内に入れておかないと……。巧いホームドラマとういうのはこういう作品のことなんだろうと思います。家族関係の崩壊のドラマととらえることもできる、日本映画を代表する逸品でしょう。撮影も観るところが多し。

 

第6位:『二十四の瞳』
(1954年/上映時間:156min/監督:木下恵介/出演:高峰秀子、天本英世、夏川静江、笠智衆、浦辺粂子)
・昭和3年から終戦までを背景に、若い教師と12人の生徒との交流を見せます。戦争によって純粋な心が踏みにじられていく様子を、時代の悲劇として伝えます。

 

日本映画史上のベスト10 第5位~第1位

第5位:『羅生門』
(1950年/上映時間:88min/監督:黒澤明/出演:三船敏郎、京マチ子、志村喬、森雅之、千秋実)
・芥川龍之介の「藪の中」を原作に、平安時代に起った殺人事件に関わった3人の供述の食い違いを見せます。真実はどこにあるのか? こたえは文字通り藪の中。

 

第4位:『生きる』
(1952年/上映時間:143min/監督:黒澤明/出演:志村喬、日守新一、田中春男、千秋実、小田切みき、左卜全)
・市役所の市民課長が、自分は胃癌で余命いくばくもないことを知ります。その日から全く別人のように行動的に動きまわります。「生きる」ことの意義を追求した、5位に続いての黒澤映画です。

 

第3位:『浮雲』
(1955年/上映時間:124min/監督:成瀬巳喜男/出演:高峰秀子、森雅之 、中北千枝子、岡田茉莉子)
・自堕落な男を、地の果てまで追いかけるヒロインゆき子の半生を描く、女優、高峰秀子の最高作であり、この「変則的ラヴ・ストーリー」は日本映画史に永遠に刻まれるでしょう。

 

第2位:『飢餓海峡』
(1965年/上映時間:183min/監督:内田吐夢/出演:三國連太郎、風見章子、左幸子、加藤嘉、伴淳三郎)
・人間には裏表があります。この大河ドラマの主人公のように……。青函連絡船の事故を基に書かれた水上勉の小説の映画化です。日本映画史上最良のサスペンス運命劇!

 

第1位:『七人の侍』
(1954年/日本映画/上映時間:207min/監督:黒澤明/出演:三船敏郎、志村喬、津島恵子、藤原釜足、加東大介、木村功、千秋実、宮口精二)
・西部劇風の演出の傑作が西部劇の『荒野の七人』でリメイクされるという逆転現象を生んだ、黒澤作品の最高作品!何も言うことはありません。本作を未見の映画ファンはとにかく観るべし!