子育て事情/子育て事情関連情報

マザコン育成中?息子ラブ母の傾向と対策

「息子がかわいくて仕方ない」、「息子と二人でラブラブの世界」、そんな息子ラブ母たち(ガイド本人含む)に警告!「過剰な息子ラブの結末=マザコン男育成」を回避するため、息子育ての心得とは?

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

≪INDEX≫
1: 息子ラブ母、増殖中!?・・・P1
2: ヤバイよママ、目を覚まさなきゃ!・・・P1
3: 息子ラブ母たちの性格的共通点とは・・・P2
4: パパが「蚊帳の外」になっていない?・・・P2
4: マザコン息子回避のポイントは「夫婦連携」にあり!・・・P3



息子ラブ母、増殖中!?

母にとって、息子は永遠の恋人!?
母にとって、息子は永遠の恋人!?
男の子のお母さんと、女の子のお母さんの子育て観には違いがあるという。どこかの国には「母にとって、娘は永遠の友達、息子は永遠の恋人」なる言葉もあるとか。「男の子のお母さんには、普段はどんなにお澄まししていても、息子の話になると人が変わったように嬉しそうに話す人が多い」と話す保育関係者も。

かく言うガイドも、「女の子」育ての後に「男の子」育てを経験することになって、思いがけず息子溺愛にどっぷりハマった。息子溺愛ぶりを恥ずかしげもなくあちこちで垂れ流し、とうとう「息子に口(くち)チュー、いつまでOK?」なる記事まで書いてしまった。すると同じ息子ラブ母たちから「私も息子に口チューしまくってます!」旨の投書をどっさり頂き、「息子ラブ」に共感してくれる母の多さと、その情熱にびっくりしちゃったのである。

ヤバいよママ、目を覚まさなきゃ!

だが、前述の「息子に口チュー、いつまでOK?」には、「おいおい」というツッコミの投書もまた、多かったのだ。

「そういう母がマザコン男を育てて、結局その妻が苦労することになる。目を覚まして!」
「そんな『口チュー』母にベタベタに甘やかされて育った息子には、自分の娘を嫁がせたくない。何をされるかと思うと、恐ろしい」

……などなど。なるほど、ごもっとも!

いかーん!どうやら息子溺愛のあまり、我を失いかけていたかもだ。そうそう、やっぱり子どもは自分のペットじゃないんだから、人格のある「ヒト」なんだから、母も自分を律しなくちゃね。子どもに愛情をたっぷり注ぐことと、溺愛との線引きをしなくてはいけない。では、「過剰な息子ラブの結末=自立できないマザコン男育成」に陥らないための、傾向と対策とは?家族心理学のエキスパート、生田倫子(いくたみちこ)先生に聞いてみました!

>>>息子ラブ母の性格的「傾向」とは? >>>

更新日:2006年08月08日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    4

    この記事を共有する