台北/台北のナイトスポット・バー

台北のナイトスポット

夜の台北を満喫したい人必見! 台北で楽しく夜を過ごせるバー、パブ、夜市やクラブ、深夜のタクシーで気をつけたいことなどを詳しくご案内。24時間営業のスーパーマーケットや書店、足つぼマッサージもご紹介します!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厳選! 台北の夜遊びスポット

台北で最も人気のあるクラブの1つ、LUXYundefined©LUXY

台北で最も人気のあるクラブの1つ、LUXY 

夜の台北を満喫したい人必見! 深夜まで賑わう夜市(ナイトマーケット)、24時間営業のスーパーマーケットや足つぼマッサージ、巨大なカラオケボックスや深夜になればなるほど盛り上がるクラブ、間接照明が落ち着けるラウンジバー、夜中じゅう開いている本屋……など、昼間とはまた別の盛り上がりを見せる台北の夜。滞在期間が短いならばなおさら、寝る間も惜しんで街へ出かけたくなりますね。そこで台北のナイトスポット事情についてお話しします。

知っておきたい深夜タクシーの選び方、乗り方

台北でも、深夜に女性一人でタクシーに乗るのは避けた方が無難。現地の女性も21時を過ぎれば、1人でタクシーに乗らない人が多いんです。どうしても1人で乗らなくてはならない時のために、トラブルを少なくする深夜タクシーの選び方、乗り方を覚えておきましょう。男性だって、なるべく安全なタクシーを選ぶに越したことはありません。気をつけたいのは、2点!
  • 利用したレストランやバーで配車を頼む
  • 流しのタクシーは大手タクシー会社を狙って乗車
レストランやバーなどに出かけたときは、その店からタクシーを電話で呼んでもらうのがベスト。予約した車両番号もタクシー会社の記録に残るので安心です。近くに大きなホテルがあればホテルで配車を頼むのも良いでしょう。

しかし一部の店や夜市ではタクシー配車を頼めないので、その時は自分でタクシーを呼ぶか、流しのタクシーを拾うしかありません。道で流しのタクシーを拾う場合はタクシーの屋根のランプ、またはドア部分に注目を。そこにタクシー会社の名前がしっかり書かれているタクシーを選びましょう。「台湾大車隊」や「大愛計程車」といった台北の大手タクシー会社が安心。屋根ランプ部分に黒字で「TAXI」だけとか、「個人」と書いてあるものはなるべく避けて。

中国語が話せる(……ように発音できる)ようなら、乗車中に「司機先生、請給我一張収據(スージーシェンション、チンゲイウォイーヂャンショウジィ:運転手さん、領収書を下さい)。」と言って車両番号と運転手名をメモに書きとめておくのも、小さなことですが防犯に役立ちます。

ちなみに配車料金はプラス10台湾元(約30円)、23~早朝6時までは深夜料金でプラス20台湾元(約60円)かかります。深夜料金はメーターに反映されず、運転手さんが口頭で20台湾元プラスした額を言いますが、ふっかけられている訳ではないのでご安心を。

帰る時間が決まっているなら、泊まっているホテルで帰りのタクシーを手配を済ませてから出かけるというのもひとつの手段です。

<おすすめタクシー会社(電話は中国語のみ)>
■台湾大車隊 TEL:405-88-888、携帯からかける場合55688
■大愛計程車 TEL:(02)8787-3002

クラブへ行くときはパスポート持参&男性は服装に注意

クラブではお酒を扱うため(台湾では18歳未満飲酒禁止)、写真付きの身分証明書による年齢確認が必要です。パスポートがあれば大丈夫ですが、顔写真付き社員証や学生証などの場合、運転免許証などのさらに他の身分証明書と2枚合わせないと入れないところもあるので、パスポート持参が確実です。

また、女性に服装の規制はありませんが、男性の半ズボン、サンダル履きは入場できないところが多いので気をつけて。

最低消費(ミニマムチャージ)って?

台湾では飲み屋や茶芸館、喫茶店などのメニューで最低消費(ミニマムチャージ)という表示を目にすることがあります。これは1人につき一定金額以上をオーダーして下さいというもので、最低消費600元とメニューに書いてあれば、1人につき600台湾元以上のオーダが求められます。

更新日:2009年11月18日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    19

    この記事を共有する