メンズファッション/メンズファッション関連情報

ブーツインにふさわしいデニムとは?

男性の間でも定番のスタイルとなりつつブーツイン。カーゴパンツなどでミリタリー風なコーディネートのほか、デニムのブーツインも人気です。今回は、そんなブーツインにふさわしいデニムについて解説します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
男性の間でもすっかり定着したブーツインスタイル。ブーツインとは、ブーツの中にパンツを入れるコーディネートのことですが、どんなデニムのボトムを履くかでそのシルエットは変わってきます。ロングブーツにブーツインが女性には人気ですが、男性のブーツはロングよりもハーフかショートが一般的。今回は、そんなメンズブーツをブーツインで履きこなしたいときのデニムを選び方を解説しましょう。

基本はブーツカットって本当?

“ブーツインするときにはブーツカットのデニムを”とよく言われます。しかし、はたしてそれは本当なのでしょうか?なぜかと言うと、実際にブーツカットのデニムをブーツインしてみると履き心地があまりよくないのです。ブーツカットとは、腰からひざまでフィットし、ひざから裾に向かって広がったシルエットのジーンズのこと。

確かに、ウエスタンブーツなどのブーツの上から履くにはよいシルエットなのですが、ブーツの中に収めるとなると中に入れる生地が多くなるため、窮屈で履き心地が悪いのです。なので、ガイドはブーツインにはブーツカットのデニムを履くことにちょっと疑問を持っています。

男性はブーツインするときハーフかショート丈のブーツを履きます。ブーツカットのデニムはウエスタンブーツをブーツの上から履くにはよいのですが、ブーツインをするときにはふさわしくないのでは?と思うのです photo:石井幸久


次のページでは、ブーツインにおススメしたいデニムをご紹介します。

【最新記事】
シアバターで男の潤いを取り戻そう!
誰にでも似合う!ニット帽のかぶり方のテク
シューキーパーの活用方法いろいろ

更新日:2010年02月01日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する