女性が男性につけて欲しくないアクセサリー

最近、アクセサリーを身につける男性が増えてきました。ひと昔前は、アクセサリーの代表であるリングやネックレス、そしてつけたとしてもブレスレット程度までだったのが、ピアスをしている男性も多く見かけます。しかし、当の本人はおしゃれとして身につけているアクセサリーが、女性から見ると不評という場合もあるようです。

ガイドがさまざまな女性に聞いた話によると、ゴールドのアクセサリーに関しては特に注意が必要なようです。「太い金の鎖のネックレスはダサイ」とか「安っぽく見える」など、印象が良くありません。また、ピアスに関しても、「絶対にやめてほしい」とか「そもそも男性で似合う人はめったにいない」など、男性のピアス=気持ちが悪いという印象を持っている女性が実に多い。

やはりゴールドのネックレス(特に太めの)やブレスレット、ピアスは女性の人気がありません。男がアクセサリーを身につけるコツは、いかに「アクセサリーをさりげなく、上品に身につける」ことができるかということなのです。

男性のアクセサリーは御法度!?

今ではリングやネックレスだけではなく、ピアスなどを身につける男性も増えてきました
「男たるものアクセサリーを身につけるなんて!」という時代もありました。男がネックレスなどのアクセサリーをつけていようものならば、どこかチャラチャラした印象を与えたもの。しかし、最近ではアクセサリーが板についた男性が多くなりました。

多くの女性が男性が身につけるアクセサリーに対して否定的な意見が多い中、「男がアクセサリーをつけるべきかどうか」という問いかけに対するガイドの答えはイエスです。

ただ大切なのは、“アクセサリーはファッション全体のコーディネートの一部”であることを忘れないこと。これは女性にも共通して言えることですが、アクセサリーを身につけるとき、あくまでも全体のコーディネートを引き立たせるものを選ばなくてはなりません。なぜかアクセサリーに派手なピースを選び、コーディネートがアクセサリーに負けてしまっているケースをよく見かけます。

それでは、アクセサリーのコーディネートのコツと、女性が男性につけてほしくないアクセサリーをご紹介します。


あくまで「さり気なく」が大切

身につけるアクセサリーは、シンプルで品が良いデザインを選びましょう。太いゴールドやシルバーのものは女性のウケもよくありません
さて、男性に人気のアクセサリーと言えば、重量感のあるゴールドやシルバーのネックレスやブレスレット。いかにも高額そうで、ゴージャスに見えますが、アクセサリーだけが目立ってしまい、イヤラシイ印象を与えてしまいがち。

ゴールドやシルバーの素材をチョイスしたなら、少し小振りで上品なデザインやカジュアルなテイストのものを選ぶのがベター。アクセサリーを目立たせようと全体のコーディネートのバランスを崩さないよう注意しましょう。アクセサリーの位置づけはあくまでもコーディネートの脇役なのです。

また、ダイヤなどのピアスをつけている男性を多く見かけますが、ピアス自体をコーディネートに上手に取り入れて、スタイリングしている人はあまりいません。ピアスをつける場合は、それなりの個性が必要で、ピアスの似合う着こなしができる人でないとNGなスタイリングになってしまいます。

アクセサリーを着こなしに取り入れたいと考えている方は、まずはリングやネックレス、ブレスレットからはじめて、自分のコーディネートに上手く合わせることをおすすめします。その際、「さり気なく」取り入れることを念頭に、ネックレス、ブレスレット、リングのいずれか1種類をチョイスすることからスタートしましょう。たとえシンプルなデザインを選んでも、たくさんの種類をいくつも身につけてしまっては、本末転倒。

着こなしのキーアイテムは何か、着こなしで足りない部分はどこなのかなど、ご自身の着こなしを見極めてチョイスしてください。

女性が男性につけて欲しいアクセサリーもチェックしてみてください。

【関連記事】
スーツの印象はシャツの衿で変わる!?
足元のコーディネート 靴下選びのコツ
今冬おすすめのマフラーの巻き方 Vol. 2