スーツ・ジャケット/ファッション小物

女性が嫌うアクセサリーの選び方

近年、アクセサリーをつける男性が増えてきました。でも、女性は男性につけてほしくないアクセサリーがあるようです。さて、それは一体どんなものなのでしょう?

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近、アクセサリーを身につける男性が増えてきました。ひと昔前は、アクセサリーの代表であるリングやネックレス、そしてつけたとしてもブレスレット程度までだったのが、近頃は、ピアスをしている男性も多く見かけます。しかし、当の本人はおしゃれとして身につけているアクセサリーが、女性から見ると……。

女性が男性につけて欲しくないアクセサリー

ガイドがこれまでにさまざまな女性に聞いた話によると、ゴールドのアクセサリーに関しては特に注意が必要なようです。「太い金の鎖のネックレスはダサイ」とか「安っぽく見える」など、印象が良くありません。また、ピアスに関しても、「絶対にやめてほしい」とか「そもそも男性で似合う人はめったにいない」など、男性のピアス=気持ちが悪いという印象を持っている女性が実に多い。

やはりゴールドのネックレス(特に太めの)やブレスレット、ピアスは女性の人気がありません。男がアクセサリーを身につけるコツは、いかに「アクセサリーをさりげなく、上品に身につける」ことができるかということなのです。

男性のアクセサリーは御法度!?

今ではアクセサリーは男性の必須。リングやネックレスだけではなく、ピアスなどを身につける男性も増えてきました
今でこそアクセサリーは、男性のファッションアイテムとして認知されていますが、「男たるものアクセサリーを身につけるなんて!」という時代もありました。男がネックレスなどのアクセサリーをつけていようものならば、どこかチャラチャラした印象を与えたもの。しかし、最近ではアクセサリーが板についた男性が多くなりました。

多くの女性が男性が身につけるアクセサリーに対して否定的な意見が多い中、「男がアクセサリーをつけるべきかどうか」という問いかけに対するガイドの答えはイエスです。

ただ大切なのは、“アクセサリーはファッション全体のコーディネートの一部”であることを忘れないこと。これは女性にも共通して言えることですが、アクセサリーを身につけるとき、あくまでも全体のコーディネートを引き立たせるものを選ばなくてはなりません。なぜかアクセサリーに派手なピースを選び、コーディネートがアクセサリーに負けてしまっているケースをよく見かけます。


それでは次のページで、アクセサリーのコーディネートのコツと女性が男性につけてほしくないアクセサリーをご紹介します。


【最新記事】
スーツの印象はシャツの衿で変わる!?
足元のコーディネート 靴下選びのコツ
今冬おすすめのマフラーの巻き方 Vol. 2

更新日:2008年02月16日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する