スーツ・ジャケット/ファッション小物

今冬おすすめのマフラーの巻き方 Vol. 1

昨年の人気記事“上品に見せるマフラーの巻きワザ”の第二弾。今年の冬におすすめのマフラーの巻き方を紹介します。今年のマフラーはこの巻き方でいきましょう。男性向けマフラーの巻き方の決定版!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

意外と知らないマフラーの巻き方

ちょうど去年の今頃、「上品に見せるマフラーの巻きワザ」という記事を書きました。簡単、きれいに巻けるワンループと、ヨンさま巻きで人気となったハイラップというマフラーの巻き方を紹介したところ大好評で、なんとオールアバウトの人気記事ランキング一位に選ばれるほどでした。あれから一年、再び、マフラーが活躍する寒い季節がやってきました。

マフラーをどう巻いたらよいのか悩んでいる男性は多いようです。そこで、今年も、男の冬のアクセサリー・アイテムとしてはもう欠かすことのできないマフラーの巻き方をお教えしましょう。

今年の冬のマフラーのトレンド

まずは、今冬のマフラーのトレンドについて。「マフラーにトレンドがあるのか?」と思う方もいることでしょう。ファッションのように大きな変化はなくとも、マフラーにも素材、色、柄、長さ、そして巻き方に時代の流行のようなものがあります。

今年は、長めのマフラーを首から左右に垂らして巻くのが流行中。素材は、風合いが手編み感覚のゴワゴワ感のあるものやカシミア生地を二枚重ねにしたダブル・フェイスが人気です。カラーや柄は、オレンジ、レッド、グリーンなどの鮮やかなマルチ・カラーや80年代に流行ったチェック柄などが復活。ただ寒いので巻くだけではなく、着こなしのアクセントとして使いこなすのが、今のマフラーのコーディネート術です。それでは、今年の冬に、ぜひ知っておきたいマフラーの巻き方を紹介しましょう。

今年の冬におすすめのマフラーの巻き方
-ダブル巻き-

今年の冬、一番オススメはこの巻き方です。マフラーを結んでまとめるのではなく、左右に同じくらいの長さで、垂らす巻き方が今年流。好みで長めのマフラーを腰骨あたりまで垂らしてもいいし、胸のあたりに垂らしてもOKです。

ダブル巻き
1.太めのマフラーは二つに折って、適度な幅にします。
2.マフラーの中心を首の前に当て、右の端を右から首の後ろに回して巻きます。反対に、左の端を左から首に回して巻きます。あとは、左右のマフラーの端を垂らすだけ。
3.マフラーが長い場合は、もう一度、同じ要領で巻きます。


次のページでは、もう一つ、ネクタイ巻きといういマフラーの巻き方を紹介します。


【最新記事】
ニットのコーディネート術 コート編
女性に嫌われない財布・革小物の携帯術
財布・革小物選びのポイント

更新日:2007年12月23日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する