スーツ・ジャケット/スーツ・カジュアルビジネス

いまもっとも注目されているトラッドアイテム 帰ってきたネイビー・ブレザー!

あの“紺ブレ”から10数年。ようやく帰ってきたネイビー・ブレザー。そうこの春注目アイテムはブレザーなのだ! VANやKentの現行ブレザーから、シャツとネクタイのコーディネートまで紹介する!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
VANのエンブレム
ガラスケースのなかに、あのVANのエンブレムを発見! さらに英国KENTのブラシもあったぞ! こういう小物がトラッド心をくすぐるのだ。
昨今のブレザーブームに関係なく、ずっとブレザーを作り続けているのがVANKentである。日本でブレザーを広めたのもこのブランドといっていいだろう。

VANはいまさら詳しく説明する必要もないが、石津謙介氏によって生まれたブランドである。

Kentというのは1966年に、VANの兄貴分として立ち上げられたブランドで、それを任されたのが、くろすとしゆき氏なのである。

ということで、南青山にあるKENT SHOP青山に行ってきました。現在の場所に移ったのは2000年9月で、その前はずっと北青山で店舗を構えていた老舗である。


桜獅子のエンブレム
VANアイビーモデルブレザーには、桜獅子のエンブレムが付属する。
創業は1966年というから驚きだ。一時期、「ケントショップ ピックアップ」という店名で営業していたこともあるので、トラッドファンの人は知っているのでは。

さて、今回紹介ブレザーはVANのアイビーモデルブレザーと段返りモデル。Kentの段返りモデルの3着。


VANアイビーモデルブレザー


VANアイビーモデルブレザー
VANアイビーモデルブレザー 価格4万7250円(税込)。素材 毛90%、モヘア10%。サイズ M(A5)、L(A7)、LL(AB7)。お問い合わせは、KENT SHOP青山。
まず、VANのアイビーモデルブレザーの型は、いわゆるアイビー・リーグ・モデルである。

3つボタン上2つ掛けの、前ダーツなしのセンター・フックド・ベントで、ウエルトシームは衿と肩、袖にまで入っている。

胸ポケットはオープン・パッチ・ポケットで、桜獅子のエンブレムが付属する。「エンブレムはどうも」という人は取り外しも可能だ。


VANアイビーモデルブレザー
VANアイビーモデルブレザー。アイビーモデルの特徴のひとつ、センター・フックド・ベント仕様になっている。
それにしても、これほどアイビーっぽさを前面に出したブレザーもない。過去にマクベスが発売していたことはあったが、現在このモデルを作っているのはVANくらいだろう。

現在見ても古さを感じないどころか、とても新鮮に映る。そう、トラッドに賞味期限というのはないのだ。

素材は、春夏の定番ポーラを使用。10%モヘアを使っているため、シャリ感があって独特の光沢がある。着ると清涼感があるのが特徴だ。


ウエルトシーム
VANアイビーモデルブレザーには、肩と袖にもウエルトシームが施されている。
素材 毛90%、モヘア10%
サイズ M(A5)、L(A7)、LL(AB7)
価格4万7250円(税込)


商品のお問い合わせ先は、
KENT SHOP青山
http://homepage2.nifty.com/kentshop-aoyama/index.htm/
東京都港区南青山3-8-39 西野ビル3F
TEL 03-3403-6962

次のページは、「VAN 段返りモデルと、Kent 段返りモデル」です

更新日:2005年04月06日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    8

    この記事を共有する