オーディオプレーヤー/オーディオプレーヤーの選び方

音楽ファイルのフォーマット、どれがいい?

オーディオプレーヤーにまつわる基礎知識を分かりやすく紹介します。今回は、ポータブルオーディオプレーヤーの音質を左右する、音楽ファイルのフォーマットについて解説します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オーディオフォーマットとは?

年々進化するオーディオプレーヤー(写真はiPodシリーズ/イメージ)

年々進化するオーディオプレーヤー(写真はiPodシリーズ/イメージ)

オーディオフォーマットとは、もともと波形の連続であるアナログの音声を、0と1のデジタル方式で記録するための方式で、たくさんの種類が存在します。

デジタルオーディオの基本となるフォーマットは、CDで使用されている非圧縮のPCMで、LPCM(リニアPCM)などとも呼ばれています。

ポータブルプレーヤーの場合、限られたメモリー容量で、より沢山の楽曲が収録できるよう、PCMからデータ量の圧縮を行うのが基本で、いくつかあるそれらの圧縮方法もフォーマットと呼んでいます。各種フォーマットで圧縮された音楽ファイルは、そのフォーマットに対応したプレーヤーでのみ再生が可能です。


圧縮フォーマットの種類

フォーマットの種類は、世界的に普及しているメジャーなものから、一部のマニアが利用しているマイナーなものまでさまざまです。

今日のオーディオプレーヤー普及の礎となったのは、誰もが耳にした事があるであろう「MP3」。人間の耳が聞こえないとされる高域の音や、大きい音の直後の小さな音を間引くことで音質を大きく損ねずに、データ量を1/10に圧縮できるとされ、登場当時は画期的な技術として注目されました。

黎明期のポータブルオーディオプレーヤーで必須だったMP3は、その後、新しくより圧縮効率の高いフォーマットの登場により、陰が薄くなった感はありますが、最新型プレーヤのほとんどは、未だにMP3に対応しています。

現在メジャーなフォーマットとしては、Apple社がiPodで採用した「AAC」、ソニーがWalkmanで採用した独自の「ATRAC」、マイクロソフトの「WMA」などがあります。

これらのフォーマットは、一般的にMP3よりも圧縮率が高く、同じ音質ならファイル容量はより小さく、同じファイルサイズなら音質はより良いとされています。


「ビットレート」とは?

音質は、フォーマットの種類に加え、データをどれくらい圧縮するかで決まります。圧縮率が高くなるほど間引かれるデータが多くなって音質は悪くなり、圧縮率が低いと間引かれるデータは少ないので、音質の劣化が少ないという訳です。

圧縮率は、「ビットレート」で表され、単位はkbps(キロビット・パー・セカンド)が一般的です。例えば128kbpsであれば、音楽1秒間に割かれているデータ量が128キロビット、256kbpsなら256キロビットという意味です。

圧縮率としては、256kbpsのほうが、128kbpsよりも1秒間に割いているデータ量が多いので、「圧縮率が低い」と言う訳です。ちなみに、CDのPCM(44.1kHz/16bit)は、1411.2kbpsに相当します。


更新日:2009年10月26日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    4

    この記事を共有する