カーメンテナンス/車の点検ポイント

エンジンオイル漏れの修理方法

クルマが古くなってくると、アチコチからオイル漏れが目立つ場合があります。その中でもエンジンのヘッドカバーは、形式を問わず発生しやすいものです。そのリペア模様を紹介します。

執筆者:高山 則政

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文章 : 高山則政(All About Japan「カーメンテナンス」旧ガイド)

クルマが古くなってくると、エンジンやミッションなどからオイルが漏れてくることがあります。どのクルマにも起こりやすいのが、エンジンヘッドカバー付近からのオイル漏れです。形式によっては、自分で交換できる場合もありますが、その模様を紹介しようと思います。

湿り気があったら要注意
 クルマやエンジンのパーツそのものは、鉄やアルミなどの金属で造られていますが、パーツ同士の合わせ面や回転するシャフトのある部分では、ゴムや樹脂系のパーツを使用して内部のオイルなどが漏れないようにしているところがあります。金属のパーツであれば、破損や緩み等の不良のない限り、そのパーツの真ん中からオイルが出るようなことはありませんが、ゴムなどは使っているうちに徐々に劣化してきます。例えば、古くなったタイヤは、走行による消耗はもちろん、ゴムが硬化してヒビ割れなどを起こすのと同じようなことが、メカの構成部に使われるゴムにも発生します。

エンジンのヘッドカバーで起こるオイル漏れ
 今のクルマは品質がよいので(リコールは結構ありますが、材質という意味で)、新車から7年くらいでは目立った痛みはありませんが、それ以上になってくるとエンジンルームでオイル漏れが発生している場合があります。
 特に定番とも言えるのが、ヘッドカバーというエンジンの一番上に付いているフタです。この中には、カムシャフトやバルブを上下させる機構が入っていて、オイルの注入口も付いています。ヘッドカバーはゴムのパッキンを挟んでエンジンに取り付けられていますが、このパッキンが痛んでくるとオイルが漏れてくるのです。

初期のニジミなら、しばらく様子を見る手も
 ヘッドカバーの内部には、エンジンが作動中の時だけオイルが飛び回っています。逆に、エンジンの一番下にあるオイルパンは、常にオイルを貯めていなくてはならないので、密閉度はより高くされています。オイルパンでは、ゴムのパッキンを使うのは少なく、液体パッキンというボンドのようなもの(DIYセンターにある水まわりのすき間シール材に近い)で細かな隙間も埋めるようにしてあります。このタイプでは、オイル漏れはまず起こりません。それに比べると、ヘッドカバーはメンテナンスのために脱着する可能性が高いせいもあるため、パッキンを挟んでボルトやナットで軽く固定されているという感じです。また、これは推測ですが、スバルのような水平対向エンジンではヘッドカバー内面をオイルが伝わる量が多く、漏れに悩まされる事例が他のエンジンより多いのではないかと思います。全体的な程度は良好なのにもかかわらず、液体シール材をカバー周辺に塗りたくったエンジンを見たことがあります。

 パッキンが痛んできて初期のうちは、ごくわずかなオイルニジミが発生します。この時は、オイルで湿った部分にホコリが付いて黒っぽくなる程度で、オイルの減りも無視できるレベルです。これが、さらに進行すると「漏れ」と呼べる状態で表面が濡れた状態になり、汚れの範囲もエンジンの下側やミッション側に広がっていくことがあります。さすがに、こうなるとオイルが減っていることになりますし、やっかいな汚れがこってり付着してくるので、その直前あたりで交換しておくのが理想的です。

更新日:2002年07月19日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    18

    この記事を共有する