幼児の英語教育/子供英語関連情報

サンクスギビングはXマスより大切な行事

日本ではハロウィーンの後にすぐクリスマスがやってきますが、米国、カナダではサンクスギビングがクリスマスより大事なイベントです。

この記事の担当ガイド

子どもの英語環境を整えるプロ。小学校英語カリキュラム開発が専門。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハロウィーンの後のイベントが“サンクスギビング”


感謝祭は家族が集まるイベントです
感謝祭は家族が集まるイベントです
日本では「サンクスギビング」といってもピンときませんね。

意外に知られていない行事が「サンクスギビング」。日本語で言うと感謝祭と訳されていることが多いようです。子供の英語教室では、ハロウィーンの後にやってくるイベントですが、ハロウィーンほど大々的にレッスンに取り入れている先生は少ないようです。

何か英語レッスンに関連を、と思っている先生は、子どもに渡すシールがサンクスギビングにちなんでいるものや、英語絵本の読み聞かせにサンクスギビングを題材にしてあるものを利用しています。

では、サンクスギビングとはどういう行事なのでしょうか?

大切な家族のイベントです


サンクスギビングには家族が集合して食卓を囲みます。学校も会社もこの時期は休みになりますから、遠くに住んでいる家族が一つの場所に集まって楽しみます。

米国では11月の第4木曜日がサンクスギビングです。今年は11月27日ですね。来週はアメリカ全土で大移動が始まって交通渋滞が予想されるほどです。私も米国で一度経験しましたが、家族全員が集まるとそれはそれは賑やかな週末になります。

とにかく食卓が豪華です!


日本ではなじみがないので想像しにくいとは思いますが、クリスマスツリーとクリスマスプレゼントがないだけで、食卓の豪華さはクリスマスのような感じでしょう。

食卓にあがる食べ物は決まっています。まず、ターキー。七面鳥の丸焼きです。チキンより淡白な味でグレービーソースやクランベリーソースをかけていただきます。美味しいですよ!

なぜ祝うようになったのでしょう?次のページへ。

豪華なターキーの写真

「サンクスギビング」ってどんなもの?(海外で働く)

更新日:2008年11月21日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する