簡単スピード料理/スピードおやつレシピ

アイシングバタークッキーの作り方・レシピ

型抜きクッキーにおすすめな基本のバタークッキーレシピです。今回は粉糖とジュースの簡単アイシングでキュートさアップ。バレンタイン&ホワイトデーにはアイシングクッキーで気持ちを伝えましょう。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アイシングバタークッキーの作り方・レシピ

所要時間:60分以上

カテゴリー:スイーツクッキー

 

バレンタイン気分を盛り上げる! アイシング・クッキー

自分らしい色づかいとデザインで、世界にひとつだけのスペシャル・アイシングクッキーを作りましょう。ベースとなるバタークッキーは、型抜きにおすすめな定番レシピです。そして、今回のアイシングは至ってシンプル! 材料は粉糖とお好みの色のジュースだけ、卵白や色粉は使いません。

はじめてのアイシングクッキーを失敗なく、キュートにデコレーションするコツは、市販のマーブルチョコやキスチョコ、製菓材料のアラザンなどをうまくとり入れること。これでとびきりなアイシングクッキーも簡単にできちゃいます。アイシングクッキーはお絵かき感覚で楽しめるので、お子様と一緒に手作りをしてもいいですね。

アイシングバタークッキーの材料(5センチ・20枚分

基本のバタークッキーの材料
無塩バター 100g
グラニュー糖 50g
卵黄 1個
薄力粉 150g
上新粉 (又はコーンスターチ)30g
ココアパウダー 小さじ1
お手軽アイシングの材料
粉砂糖 適量 ※粉糖とジュースは10:1~が目安。
トッピング 適量
レモン汁 適量
牛乳 適量 
オレンジジュース 適量
※ジュース類は、出したい色の液体を用意(手順9参照)。

アイシングバタークッキーの作り方・手順

基本のバタークッキーの作り方

1:

材料を計量します。薄力粉と上新粉(もしくはコーンスターチ)を合わせて、ふるいます。ビニール袋で一緒に計量し、口を押さえて、ぶんぶんよくふるだけでもOK!

バターは室温に戻すか、寒い日はレンジに約20秒かけて、柔らかくします。

2:

ボウルにバターを入れ、泡だて器でクリーム状になるよう、混ぜます。
砂糖を加え、よく混ぜます。

白っぽくなり、ふわっとしたテクスチャー(質感)になったらOKです。

3:

卵黄を加え、混ぜます。

4:

粉類を加え、ヘラでよく混ぜます。

最初はぼそぼそ状態で、だんだん生地が写真のように、まとまってきます。

5:

生地の半分を取り分け、残り半分にココアをふりいれ、よく混ぜます。まとまった生地はビニール袋に入れます。袋の上からまとめても構いません。

生地を20分ほど、冷蔵庫で寝かせます。

6:

オーブンを予熱180度にセットします。

ビニール袋の上から、生地の厚みを約5ミリに、麺棒で伸ばします。ビニールがシワにならないようにしてください。

7:

ビニール袋の表面をハサミで切り開き、お好みの型で型抜きします。


余談ですが、クッキー表面の文字は、アルファベットクッキースタンプ(STADTER社)を使用しています。シンプルなクッキーもメッセージを入れれば、ちょっぴりカワイイ。

8:

180度で、約12分焼きます。焼き上がった生地をさまします。

【基本のバタークッキー】はこれで出来上がりです。このクッキーは焼きたてすぐより、翌日からが俄然美味しくなります!

お手軽アイシングの作り方

9:

トッピングの材料と、出したい色のジュース類を用意します。
「白」はレモン汁、牛乳。
「黄色」はオレンジジュース。 
「紫」はグレープジュース。 
「緑」は溶いた抹茶。 
「ピンク」はイチゴ果汁、グレナデンシロップ。

10:

粉糖にジュース類をごく少しずつ加え、よく混ぜていきます。水あめのようなとろみになればOKです。

使うジュース類によっては、色が濃く出すぎることもあります。優しい色にしたい場合は、色味用のジュースと牛乳を交互で加え、お好みの色にしてください。作ってから召し上がるまで時間があく場合、アイシングは気持ちかため、色若干濃いめで作ることをおすすめします。

11:

全面にアイシングをする場合は、クッキーをアイシングにつける、もしくは、アイシングをクッキーの真ん中辺りに、多めに落とし、クッキーを左右に傾けながら、全体に広げます。スプーンなどでのばす場合は、ムラにならないよう、手早く行ってください。

この時点でちょっと懐かしの動物ヨーチ風。市販のビスケットやクッキーにアイシングをするだけでも楽しいです。

12:

アイシングをしぼり袋に入れて、デコレーションをします。
※アイシングの絞り袋については、下記のコツ・ポイントを参照ください。

13:

一番失敗がないのは水玉模様、点を落とすだけです。水玉アイシングの上にアラザンを飾れば、キュートなデコレーションが簡単にできます。

工程2の全面アイシングへのトッピングは、ベースのアイシングが乾かないうちが楽です。大きめのトッピング(キスチョコやマーブルチョコなど)の場合は、裏側にアイシングをつけながら飾っても。

14:

アイシングがよく乾いたら、ラッピングをしましょう。暖房の近くなど、溶けやすい場所は避けてください。手作りなので、早めに(目安、5日以内)召し上がってください。

ということで、プレゼントをする日の2、3日前から作っても大丈夫です。ちなみに、ベースのバタークッキーは焼きたてより、翌日からが美味しくなります。

ガイドのワンポイントアドバイス

アイシングクッキーを贈り物にする場合は、ひとつひとつ、個別にラッピングすることをおすすめします。そこで、その際に利用するラッピング用の袋を、アイシングの絞り袋としても活用します! 袋にアイシングを流し入れたら、ハサミで隅をかなり小さめに切り、対角線上で半分に折り、絞っていきます。袋に張りがあるので、アイシングが楽にキレイにできます。

更新日:2008年02月05日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    12

    この記事を共有する