毎日のお助けレシピ/ガイドのおすすめ家庭料理

フライパンで作るさんまの塩焼き

フライパンでさんまの塩焼きをつくります。フライパン焼き魚は、焼いてる最中も煙があまり立たず、後片付けが楽です。旬の脂の乗ったさんまも綺麗にふっくら焼けます。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フライパンで作るさんまの塩焼き

カテゴリー:メインのおかず焼き魚

 

煙が立たず、後片付けも楽なフライパン焼き魚

最近、焼き魚をフライパンで焼く方が、かなりいらっしゃるようです。フライパンとオーブンペーパーを併用すれば、煙があまり立たないし後片付けも楽なので、ガス台にグリルがついてない我が家も、よくフライパンで魚を焼きます。今日は、これからが旬の秋刀魚を、フライパンで塩焼きにしようと思います。

フライパンでさんまの塩焼きの材料(2人分

さんまの塩焼きの材料
さんま 2尾
適量
彩りおろしの材料
大根 適量
パプリカ 少々(赤色)
きゅうり 少々
少々

フライパンでさんまの塩焼きの作り方・手順

さんまの塩焼きの作り方

1:

秋刀魚を洗って(ワタが苦手ならワタを抜き)半分に切り、表になる側に飾り包丁を入れ、塩をふって5分置く。

2:

洗って塩をおとして塩をふる。フランパンにオーブンペーパーを敷いて点火し、切り込みを入れた方を下にして秋刀魚を並べる。
最初の塩はアク抜きと身を〆るため。

3:

切り込みを入れた方を下にして秋刀魚を並べる。中火以下で焼く。

4:

表6~7分、裏返して4~5分焼く。 フライ返しを使って返す。途中、脂が多すぎるようであればペーパーで吸い取る。

5:

焼いてる間に野菜を刻み、大根をおろし、酢少々を混ぜて彩りおろしを作る。焼けた秋刀魚にたっぷり添える。

6:

焼けた秋刀魚に、彩りおろしをたっぷり添える。 フライパンで魚を焼けば、煙も立たず、後片付けも楽。

更新日:2013年08月20日

(公開日:2011年12月19日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    48

    この記事を共有する