簡単スピード料理/スピード夕食レシピ

鶏の照り焼き(テリヤキチキン)レシピ

鶏の照り焼き(テリヤキチキン)の作り方・レシピです。鶏肉をフライパンで焼いてから、タレで煮込むので、色ツヤ良い照り焼きが簡単に。定番レシピは色々なスタイルにアレンジ可能。丼、お弁当にもおすすめです。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鶏の照り焼き(テリヤキチキン)レシピ

所要時間:20分

カテゴリー:メインのおかず照り焼き

 

定番はアレンジがききます!

テリヤキチキンこと鶏の照り焼きは、幅広い世代に人気のメニューです。今回のレシピは、定番ゆえ暗記もできる分量となっています。これをベースに、豆板醤とオイスターソース(醤油の半分)で作れば、チャイニーズチキン。コチュジャンを加えれば、ピリ辛韓国風。山椒や柚子胡椒をきかせれば、おつまみ風照り焼きに。作り続けるうちに、ご家庭の定番が出来上がり、食のスタイルに合わせたアレンジも楽しめるようになります。

照り焼きは、旨味たっぷりな煮汁も逃さずいただける丼がベスト。ごはんがすすみます。フライパンひとつでちゃちゃっと作れるので、多忙な日の食事作りにおすすめです。しっかり味がついた照り焼きは、お弁当やおにぎり、サンドイッチ、サラダの具にもぴったり。これからのシーズン、行楽のお供にいかがですか。

鶏の照り焼き(テリヤキチキン)の材料(3~4人分

鶏の照り焼きの材料
鶏もも肉 2枚(目安500g)
醤油 大さじ1と1/2
大さじ1と1/2
みりん 大さじ1と1/2
はちみつ 大さじ1~1と1/2
少々
こしょう 少々
150cc
小さじ1 
※はちみつは砂糖でもOK。ちょっと甘めのテリヤキです。量はお好みでどうぞ。

鶏の照り焼き(テリヤキチキン)の作り方・手順

鶏の照り焼きの作り方

1:

両面全体に、包丁で軽く切り込みを入れます。
皮部分は、フォークで全体をプスプスさしてもOKです。 味が染みこみやすくなり、肉の厚みも均等になります。

2:

フライパン(もしくは中華鍋)に油をひき、中火で皮目から焼いていきます。皮の部分がキツネ色になったら、裏返します。

3:

返した面に軽く焼き色がついたら、余分な脂をキッチンペーパーでおさえます。
ここでしっかりおさえておくと、時間が経っても脂っこくなりません。

4:

醤油、酒、みりん、はちみつ、塩、こしょう、水を加えて、混ぜます。フタをして、中火~弱火で5~6分煮ます。皮目を下に裏返し、弱火で2~3分煮ます。
めんつゆで作る場合は、手順6の【めんつゆで代用するには】を参考に。 時間は目安です。焦がさないよう注意してください。

5:

煮汁が約1/3になったら、火を止めます。

6:【めんつゆで代用するには】

醤油大さじ1・みりん大さじ1・酒大さじ1=めんつゆ(3倍濃縮)大さじ3で、置き換えてください。甘めがお好みであれば、醤油大さじ1・みりん大さじ 1・酒大さじ1/2・砂糖大さじ1/2で、お試しください。めんつゆ、そのものができるわけではありませんが、上記代用(置き換え)で、近い味になるとお考えくださいね。レシピ相互活用の参考に。
今回のレシピであれば、【手順4】で、めんつゆ大さじ5弱(約70cc/約80g)、はちみつ大さじ1~、塩、こしょう、水を加えます。忙しい日は、めんつゆもスピード調理の助っ人に!

ガイドのワンポイントアドバイス

煮込む際、生姜やねぎを加えれば、風味がアップします。召し上がる際、青ねぎや白髪ねぎ、刻みのり、ごまなど添えれば、より美味しくいただけます。ちょっと甘めのテリヤキチキンとなります。いわゆる和風の照り焼きにしたい場合は、醤油をもう少し加えても。これをベースにお好きな香辛料や調味料を加えるなどして、マイベストなテリヤキチキンを作ってくださいね。

更新日:2007年02月15日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    9

    この記事を共有する