毎日のお助けレシピ/ガイドのおすすめ家庭料理

もう一度食べたい!学校給食の人気メニュー

懐かしの学校給食を再現!本日の献立は「カレーシチュー」「きな粉揚げパン」「ココア揚げパン」「春雨サラダ」「フルーツ」「ビン牛乳」になります。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
もう一度食べたい!学校給食の人気メニュー

所要時間:30分

カテゴリー:メインのおかずシチュー

 

懐かしい給食メニューと言えば

周囲の知人友人に、思い出の学校給食について聞いてみたところ、もう一度食べたい学校給食メニューのトップは「鯨の竜田揚げ」で、次に続くのが「カレーシチュー」と「揚げパン」でした。私の時代の給食は、はっきり言って、あまり美味しくはなかったのですが、やはり、鯨と揚げパンだけは別格でした。ということで、今日は、その懐かしい給食を再現してみようと思います。ただし、鯨は無理なので、献立は、カレーシチュー、揚げパン、春雨サラダ、フルーツ、瓶牛乳にしました。

学校給食のカレーシチューの材料(4人分

具材
たまねぎ 2個
ニンニク 1/3片分(みじん切り)
にんじん 小1本
じゃがいも 3個
豚肉 細切れ100g
グリンピース 1/4カップ
シチューの素
バター 25g
小麦粉 大さじ3
カレー粉 大さじ1弱
500cc
コンソメ (固形)1個と半分
牛乳 200cc
大さじ2
チャツネ 大さじ1弱
中濃ソース (又はウスターソース) 大さじ1強
2つまみ程度
こしょう 少々
ローリエ 1枚

学校給食のカレーシチューの作り方・手順

学校給食のカレーシチューの作り方

1:

玉ネギは薄切り。人参は厚さ2ミリ程度の銀杏切り。じゃが芋は人参の2~3倍の厚さの銀杏切り。ニンニクはみじん切り。 玉ネギはそんなに薄く切らなくてよい。じゃが芋は人参より火が通りやすいので厚く切る。

2:

鍋にバターを溶かし、ニンニクと玉ネギを炒め、しんなりしたら、その他の野菜と肉を入れてよく炒める。

3:

全体に熱が伝わったら、小麦粉を入れて炒めて粉臭さを取る。 全体に熱が伝わる=火が通るという意味ではなく、例えば、じゃが芋を手でつまむと、熱くて持てないほどに炒められているということ。

4:

ローリエとカレー粉を入れて軽く炒める。湯と固形スープを入れ、煮立ってきたら弱火にし、酒(又はワイン)を入れ、焦げ付かないようにかき混ぜながら煮る。

5:

材料が軟らかくなったら牛乳を入れ、チャツネ、ソース、塩、コショウで味付けする。
チャツネが無い場合は、ケチャップ、ハチミツ、おろし林檎、ジャム等、家にある材料を少量ずつ、味見しながら加えて行き、好みの味に調える。

6:

グリンピースを加え、ひと煮したらできあがり。
もっととろみが欲しいと感じたら、コーンスターチ大さじ1を同量の水で溶いて加える。

7:

脱脂粉乳世代の 私が食べていた頃の給食シチューと比べると、チープさが少々足りない気がします。時の流れが学校給食を上等にしました、って感じのカレーシチューになりました。

更新日:2006年07月06日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する