ラスベガス/ラスベガス基本情報

ラスベガスの航空券

ラスベガス行きの航空券は、安い時期ですと燃料サーチャージ込み6万円台から。ホテルも安いので、1泊30ドル台のものと組み合わせても、10万円弱で3泊5日行けちゃいます。ここでは航空券の選び方や経由地などをご紹介します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラスベガスへの経由便

日本からの旅行者で利用が一番多い経由地はロサンゼルスとサンフランシスコ。ロサンゼルスには1日8本の直行便が飛んでいます。またサンフランシスコへは、関西空港からの直行便があるので、関西空港から出発したい人はサンフランシスコ経由が良いでしょう。

経由便となると、アメリカ国内線の乗り継ぎ便が多い、アメリカの航空会社を利用するのがとても便利です。同じ航空会社の飛行機を乗り継ぐと、国際線が遅れた場合でも融通が効きます。

料金的には、アメリカの国内線は非常に安いため、他社便で乗り継いでも金額的には大して変わりはありません。例えば、ロサンゼルス→ラスベガスは、相場が100ドル以下。

ユナイテッド航空

成田空港からロサンゼルスやサンフランシスコへ直行便があります。アメリカの航空会社なので、経由地からラスベガスへの本数も多いのがメリット。また、関西空港からの直行便もあるので、関西の人には便利でしょう。ラスベガスへのフライトは、ロサンゼルスから1日4本、サンフランシスコから1日7本です。

公式サイトはこちら>>>ユナイテッド航空

デルタ航空

日本から西海岸への便は大変多く、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ポートランド、ソルトレイクシティなどに直行便があります。フライトの選択肢がたくさんあるので、混んでいる場合は、行き帰りの経由地を変えるなどフレクシブルにスケジュールを組むことができます。ラスベガス行きは、ロサンゼルスから1日6便、サンフランシスコから1日1便、ポートランドから1日5便、ソルトレイクシティから1日8便。

公式サイトはこちら>>>デルタ航空

アメリカン航空

機内食も充実

機内食も充実

ロサンゼルスへは毎日直行便が就航中。国際線はエコノミー席に個人画面を搭載していて、機内食も充実していると評判です。ロサンゼルス⇔ラスベガス間の便数は1日3本。ロサンゼルスの到着が10時台と早いので、13時台にはラスベガスに到着します。

公式サイトはこちら>>>アメリカン航空

日本航空(JAL)

ロサンゼルスとサンフランシスコに1日1便ずつの直行便があります。国内線は、USエアウェイズやデルタ航空の利用が多く、最短で乗り継げばラスベガス到着が14時台になります。

公式サイトはこちら>>>日本航空

全日空(ANA)

日本航空と同様ロサンゼルスとサンフランシスコへ1日1便の直行便があります。アメリカ国内線の乗り継ぎは、同じスターアライアンスに属するユナイテッド航空の利用がほとんど。どちらで乗り継いでも、ラスベガス到着は15時前後。

公式サイトはこちら>>>全日空

更新日:2010年06月25日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する