家計簿・家計管理/家計簿を使って賢く家計管理

三日坊主にならない家計簿のつけ方

共働き世帯は、専業主婦世帯よりも家計簿をつけている人の割合が少ないそうです。そこで、10年以上家計簿を続けているガイドが、家計簿を長続きさせるためのコツをご紹介します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お金が貯まらない!
「なかなかお金が貯まらない!」「やっぱり、家計簿をつけなきゃ駄目なのかしら……」
共働き世帯は、専業主婦世帯よりも家計簿をつけている割合が少ないという結果が明らかになりました。共働きが家計簿をつけられない理由には、「時間がない」「面倒である」ということが考えられます。そこで、ガイド平野家で実践している、「共働き」でも家計簿を長く続けられるコツを紹介します。

【記事のインデックス】
みんなは家計簿をつけているの?……1P目
今はパソコンが主流? 家計簿どうつけているの?……2P目
挫折者3割!? 家計簿を長続きさせるコツは?……3P目
つけるだけでは意味がない、家計簿の活用法……4P目


みんな家計簿つけているの?

■家計簿をつけている人の割合は?
10月に「共働きのマネープラン」テーマサイトで、「共働きの家計管理、家計簿つけている?」というお題で、「あなたの一票」の投票を行いました。投票にご協力頂いた方、本当にありがとうございました。そのアンケート結果は以下の通りです。(過去の投票結果は、コチラからどうぞ)

<共働きの家計管理、家計簿つけている?>
家計簿をつけている人の割合
※All About 共働きのマネープラン「あなたの一票」より

第1位は「表計算ソフトで自分流につけている」(44%)、第2位「家計簿・資産管理ソフトでつけている」(25%)、第3位「手書きで家計簿をつけている」(20%)で、家計簿を何らかの方法でつけていると答えた人は、全体の約9割という結果になりました。そして、全体の約7割の人が、パソコンを利用して家計簿をつけていることになりました。

常日頃から、家計管理の大切さを訴えているファイナンシャルプランナーの立場として、「共働きのマネープラン」テーマサイトをご覧いただいている皆さんが家計簿をつけている割合が高いのを見て、安心すると同時に感心しました。

■家計簿をつけている人は、約5割!
30~40代の既婚女性を対象に、第一生命経済研究所が実施した「家計に関する意識・実態調査」によると、家計簿をつけている人の割合は約5割でした。一般消費者を対象にした家計簿に対する調査結果と比較すると、約9割の人が家計簿をつけているとする「あなたの一票」の結果と大きく異なります。このことから、All Aboutマネーの記事で情報を収集している人の、家計管理に対する意識の高さが窺えます。

<家計簿をつけている人の割合>
家計簿をつけている人の割合
※「家計に関する意識・実態調査」(第一生命経済研究所2003年)より
ガイド平野が作成

■専業主婦より共働きの方が家計簿をつけている人の割合が少ない
家計簿をつけている人の割合を専業主婦とパート・アルバイトで比較してみると、専業主婦60.%に対し、パート・アルバイトは46.0%です。外に働きに出て家事にかけられる時間が少ない分、パート・アルバイトの方が家計簿をつけている人の割合が少なくなっているのでしょう。フルタイムで働いている場合は、更に家計簿をつけている人の割合が少ないことが予想されます。

次に家計簿をどのようにつけているか見てみましょう!

更新日:2007年11月26日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    3

    この記事を共有する