家計簿・家計管理/これがキホン!家計管理の大事な話

手元にお金が残らないあなたの理由

給料日前はいつもピンチ。銀行残高が限りなくゼロに近づいたり、マイナスになっているあなた、必見です。手取り年収220万円のA子さんと、700万円のB子さんも同じ悩みを抱えていました。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カード
収入が増えればお金が貯まる?答えは「ノー」です。

派遣社員のA子さん23才。外資系企業にお勤めのB子さん。この2人の収入は3倍以上の差がありますが、偶然にも同じお金の悩みを抱えていました。その悩みとは、手元にお金が残らないこと。話を聞くと、この2人のお金が手元に残らない理由は、ある共通の習慣があったからでした。

断れないA子さん


派遣社員のA子さんの手取りのお給料は18万円。一人暮らしで、半分が家賃に消え、残りの9万円でやりくりしています。お米を会社の上司にもらったり、自炊を心がけるなど努力はしているのですが、お金が手元に残りません。

「お店に入ると断れないんです。だから、本当に欲しいものがあるときしかお店に入らないんですけど。このコートも予算1万円のつもりでお店に入ったら、まず店員さんに着ていた服をほめられて、他の店員さん2人にも『最後の1点です』『お似合いですよ』って言われて、逃げられなくなって・・・。結局3万円だったんですが、買っちゃいました」

A子さんは、お金が貯まらない原因は自分の意志の弱さだと思っていました。店員さんに囲まれると断れないので、予算をオーバーしてもつい買ってしまうと。断れない人に、わたしはマネーカウンセリングで「断るセリフ」を覚えてもらっています。A子さんにもいくつかアドバイスしました。その中でA子さんが気に入ったセリフは。

「たくさん試着させていただいて、ありがとうございます。せっかくなので、ちょっと他も見てみますね。もし、売れちゃったら縁がなかったとあきらめます!」

これなら「売れちゃいますよ!」の攻撃もかわせます。他のお店も見ながらクールダウンして、よく考える事が大切です。でも、A子さんの3万円のコートは、とっても素敵だったので「こんな高いのを買っちゃった」と思うのではなく、いいコートを買ったんだから頑張ってお仕事しよう!と思って下さいとお話しました。

そして、もう1つ。お金が手元に残らない訳が、他にある事もお伝えしました。

更新日:2008年02月26日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    2

    この記事を共有する