住宅ローンの借入/これから借りる住宅ローン関連情報

住宅ローンの保証料はなんのための費用?

住宅ローンの諸費用のほとんどは住宅ローンの保証料です。ではこの保証料はなにを保証してくれるものなのでしょうか?

この記事の担当ガイド

5000組以上の個別相談に乗ってきた、マイホームのお金に関する専門家

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅ローンの保証料は金額が大きい

image1
住宅ローンの保証料は数十万円もかかりますが、その保証内容を知っていますか?
住宅ローンの諸費用のうちのほとんどは保証料です。信用保証会社によって違いがありますが、借入金額1,000万円あたり、返済期間が35年のときは約20万円、返済期間が30年のときは約19万円、25年のとき約17万円となります。

よって、返済期間が35年で3,500万円借りると 約20万円×3,500万/1,000万円=約70万円となります。

保証料の支払い方法は、借入時に一括支払い、または金利に保証料分を上乗せ(住宅ローン金利に0.2~0.3%上乗せ)して毎月の返済と一緒に支払う分割方式があります。

ちなみに、返済期間が35年で3,500万円借りると一括支払いの場合は約70万円ですが、分割方式の場合は累計金額で約165万円となります。

いずれにしても保証料は大きな金額です。

そこで皆さんに質問です。
保証料を払ってどのような保証を受けられるか知っていますか?

初めて住宅ローンを借りる人は、なにを保証してくれるものなのか、答えられる人はほとんどいません。

答えられなかった人は、特に保証料による保証の意味をよく理解しておきましょう。

住宅ローンの保証料の意味

金融機関は、お金を貸すときには、貸し倒れリスクを回避するために、基本的に担保や連帯保証人を必須としています。

住宅ローンの場合は、借入をする人が個人であり、金額が大きいことや返済期間がとても長いので、連帯保証人の代わりに信用保証会社の保証(信用保証)をつけることを最低条件としています。

ただし、信用保証会社は無料で住宅ローンを借りる人への保証を行ってくれるわけではありません。連帯保証会社が住宅ローンを借りる人の保証人になるための費用として保証料を徴収しています。

よって、住宅ローンの保証料の意味は、住宅ローンを借りる人の財産などを保証するものでなく、連帯保証人の代わりになってもらうための費用ということになります。

なかには、保証料がもったいないから、金融機関に連帯保証人を探してくると言う人がいますが、信用保証会社の保証を必須条件としている金融機関がほとんどで、信用保証会社の保証が必要ない金融機関はその分審査が厳しくなる傾向があり、なかなか難しいのが実情です。

また、夫婦や親子での収入合算での借入や、親名義の土地に建物を建てる場合は信用保証会社の保証以外に、基本的に収入合算者や土地所有者である親も連帯保証人になることが条件となります。

引き続き、次のページでも、保証料と信用保証会社について解説していきます。

更新日:2007年06月28日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    31

    この記事を共有する