医療保険/医療保険の基礎を学ぼう

子どもの医療保険は必要か?

子どもが生まれると多くの親が教育資金の積み立てを始めますが、最近は子どもの医療保障も考える人が増えているようです。どのように保障を確保するのがよいのか、そもそも子どもに医療保険は必要なのかどうか、詳しく解説します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
子どもが生まれると多くの親が教育資金の準備として積み立てを始めます。さらに最近は、生命保険で子どもの医療保障も考える人が増えているようです。

では、子どもの医療保障はどのように確保したらよいのでしょうか。そもそも子どもに医療保険は必要なのでしょうか。

夫婦が入院や手術をした場合の家計への影響は?

みんな健康であれば保障はいらないが……

みんな健康であれば保障はいらないが……

医療保険はそもそも、病気やケガで入院・手術などをしたときの経済的な負担を減らすために加入するものです。では一般的な「夫婦と子ども」の世帯で考えた場合、家計にどのくらい影響が出るのでしょうか?

例えば、夫(共働きや専業主夫で妻の収入に支えられている場合などを除く)が入院や手術をすると、治療費などによる支出の増加や、その間、仕事ができないことによる収入の減少が考えられ、家計への影響は大きいと言えます。

また、専業主婦(主夫の場合も)であっても、家事ができなくなるので外食など外部への委託が増えることによる支出の増加や、夫が見舞いに行ったり子どもの世話をしたりすることで仕事をする時間が減れば、収入の減少も考えられます。このように、夫婦が入院や手術をした場合は、家計への影響が大きいと考えられます。

では子どもが入院や手術をした場合はどうでしょうか?

子どもが入院や手術をした場合でも、もちろん治療費などによる支出が考えられます。ただ、各自治体には子どもの医療費助成制度がある(対象年齢は自治体のよって異なる)ので、夫や妻が入院や手術をするよりは支出が少なくて済むはずです。

また、子どもが入院や手術をした場合、夫や妻は具合が悪いわけではないので、仕事や家事をすることができます。状況にもよりますが、子どもの付き添いなども夫婦で分担すれば、仕事や家事への影響は限られるのではないでしょうか。

子どもが入院する確率は高いのか?

厚生労働省の平成23年患者調査では、入院や外来(通院)患者への調査から、子どもが入院する確率を確認することができます。
年齢階級別推計入院・外来患者数と受療率

年齢階級別推計入院・外来患者数と受療率(クリックで拡大)

入院や通院をする確率といえる受療率をみてみると、0歳時の入院受療率は1%を越えていますが、1歳から24歳までは0.1~0.2%程度しかなく、大人と比べてかなり低いことがわかります。外来の受療率をみても、大人と比べて入院ほどの差はありませんが、0歳から4歳までを除いてかなり低くなっています。

受療率から判断すれば、9歳くらいまでの外来(通院)への備えを確保したくなるかもしれませんが、民間の医療保険は入院を伴わないような通院(外来)は基本的に保障の対象外となっているので、もし備えるなら医療保険以外の方法が中心となります。

子どもの医療費には手厚い助成がある!詳しくは次のページ>>>

更新日:2013年08月15日

(公開日:2006年03月03日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    12

    この記事を共有する