FX・外国為替証拠金取引/FX関連情報

FXをシミュレーションサイトで疑似体験

「FXに興味はあるけれど、説明を読んでもイメージがわかない」人にぴったりなシミュレーションサイトをご紹介。さまざまな通貨の値動きを体感し、FXの売買を疑似体験することができます。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想マネー500万円でFXをお試し

http://www.k-zone.co.jp/fx/

「FXトレダビ」Webサイト

取引のしくみが複雑なFX。説明書きを読んだだけで理解するのは簡単なことではありません。そんなとき、取引を体験できるシミュレーションサイトが役立ちます。

今回は投資ゲームサイト「K-ZONE」が提供しているFXシミュレーション「FXトレーディングダービー」を例にとってご紹介しましょう。

「FXトレーディングダービー」は、仮想マネー500万円を運用し、期間内の成績上位者に賞品が進呈されるというもの。FXの特徴ともいえる「レバレッジ」や「外貨の売り」を実感することができます。また、評価上の損失が一定以上に膨らんでしまったときに自動的に行われる「ロスカット」の機能もついています。

メールアドレスや性別、生年月日、居住地域などを登録して、規約に同意するとログインに必要な「ID」や「パスワード」を入手できます。

シミュレーションだからこそ色々試せる

取引できる通貨は、ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、ポンド/円、ランド/円の5種類。取引したい通貨を決め、その通貨が円に対して高くなりそうだと思ったら「買い」、反対に安くなりそうだと思ったら「売り」を選びます。せっかくの機会なので、何種類かの通貨を持ってみると、値動きの違いを実感することができます。

注文方法には、レートを指定せずに即売買する「マーケット」、あらかじめ指定したレートになったら売買する「指値」、あらかじめ2つの注文を出しておいて、1つ目が成立したら2つ目の注文が有効になる「IFD」、あらかじめ2つの注文を出しておき、一方が成立したらもう一方の注文が無効になる「OCO」、「IFD」と「OCO」を組み合わせた「IFDOCO」があります。

さまざまな注文方法が用意されていますが、まずは「マーケット」や「指値」といったシンプルな注文方法からスタートするのがおすすめです。

通貨の種類、売りと買い、注文方法が決まったら、次はどれくらいの金額の取引をするのか決めましょう。1万通貨(米ドルなら1万ドル)単位で取引することができます。スタート時の所持金は500万円ですが、これを証拠金として所持金以上の金額で取引することも可能です。

決済方法など、続きは次ページで>>>

更新日:2013年07月17日

(公開日:2005年11月21日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    4

    この記事を共有する