洗濯・部屋干しのコツ

無印良品のかごで洗面所をランドリースペースにDIY

時短生活(ももせ いづみ
ガイド:ももせ いづみ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
洗濯は時間と天候に大きく左右されてしまう家事。雨天や曇天の日には部屋干しをするという人も増えていますが、洗濯物だらけの部屋で食事はしたくないし、湿気が家財を痛めたり、洗濯物に雑菌が繁殖してしまうというマイナス面も。そこで、どんなおうちでも簡単に作れる「ランドリースペース」を、無印良品の収納かごを使って作ってみました。これでもう、部屋干しとはさようなら! です。

「洗濯物は外で乾かす」常識の落とし穴

「洗濯物は外でお日様に当てて干す」のが当たり前と考えている人は、ちょっとこのデータを見てみてください。

【2007年 年間快晴日】 
1位:埼玉県……53日
全国平均……25日
東北地方平均……12日

年間の「日照時間」も、1位の山梨が2263時間あるのに比べ、北陸地方の平均値は1600時間前後と、格段に少なくなってしまいます。日本全体を考えた場合、曇天や雨天、雪が降る日に洗濯物をどう乾かすのかは、とても大切なポイントです。また、花粉の季節や、排気ガス・黄砂の多い地域に住んでいる人にとっても、もはや洗濯物は「外の干すのが当たり前」の時代ではないのです。

脱衣所をランドリールームにDIYしよう

洗面所のランドリースペース

洗面所をランドリースペースにすれば、いつでも美観を損ねず洗濯物が干せます

そこでガイドがオススメするのが、脱衣所を使ったランドリールーム。洗濯物を脱衣所で乾かせるようにしておけば、部屋干しで部屋の美観が損なわれずに済みます。また、衛生面でも安心です。写真はガイド宅の洗面所です。DIYランドリールームに必要なのは以下の3点になります。

  1. 洗濯物をかける突っ張り棒
  2. 除湿器
  3. 止まり木収納

止まり木収納に関しては、「生活の手間を半分にする生活導線の知恵」を参考にしてみてください。

それでは、具体的な使い方をご紹介しましょう >>

掲載日:2010年11月29日

特集掲載期間:2014年5月21日~2014年7月15日