年賀状ソフト・プリンタ

年末年始を間近に控えて、今年も新作プリンターが各社から登場した。注目したいのはPCだけでなくスマートフォンからも年賀状印刷ができるブラザーの「DCP-J963N」だ。ランニングコストに優れる「お得さ」に加えて、手軽に使える「便利さ」も兼ね備えた使える複合プリンターの登場だ!
新インク「技ありインク」を採用し、暗部の再現性や黒の発色を改善。従来モデルよりも13%も色再現領域を拡大し、写真印刷の精度をアップしたのが特徴。A4サイズの複合機と同等クラスのボディながらA3サイズのプリントに対応。また、スマートフォンアプリで簡単に年賀状が作れるなど、スマホ関連機能もを強化している。
今年も、2016年(申年)用の年賀状作成ソフトが出そろいました。毎年、ほぼ同じ顔ぶれではありますが、素材やイラスト、ちょっとした機能の追加で、お互いにしのぎを削っています。さっそくレビューしますので、製品選びの参考にしてください。
今年も年賀状の準備をする季節がやってきました。スマホの年賀状アプリなら、時間や場所を問わず作れますし、写真入り年賀状もテンプレートにスマホで撮った写真を入れていくだけと簡単です。自宅のプリンターでの印刷はもちろん、プリントサービスを利用すれば手間が省けますし、宛先を指定すればそのまま相手に届けてもらうことも可能です。
年賀状といえば、年賀状作成ソフトを活用し、じっくり作る方が多いと思います。しかし、中には、時間がなくて、作るのはいつもギリギリ、という方も少なくないでしょう。そんな方には、ワードの年賀状テンプレートをおすすめします。見た目もそこそこの年賀状を、5分もあれば作れてしまいます。
そろそろ、年賀状の作成シーズンに入ってきました。そこで、手軽に年賀状が作れ、印刷やポストへの投函なしに年賀状が送れるアプリを3つ紹介しましょう。また、スマホをかざすだけでお年玉はがきの当選が確認できるアプリも紹介します。
スライドを画用紙に見立てて、文字や写真を自由に配置できるPowerPointは、年賀状作成にも役立ちます。表を使って、写真を縦横にきれいに並べた年賀状を作ってみましょう。

2014年版 年賀状作成ソフトの選び方

ワード(Word)の使い方(井上 健語
ガイド:井上 健語
今年も年賀状の季節がやってきました。年賀状といえば、年賀状作成ソフトの出番です。さっそく、2014年度版の最新年賀状作成ソフトをご紹介しましょう。各社とも、来年の午年用のデザインを豊富に用意し、新機能も数多く追加しています。ぜひ、年賀状作成ソフト選びの参考にしてください。
ブラザーの「PRIVIO NEO DCP-J4215N」はA4サイズのプリントができる一般的な複合型プリンター/複合機と同等のサイズながら、A3プリントに対応できる複合型プリンターです。Wi-Fi機能を搭載し、スマートフォンからのダイレクトプリントや、クラウドサービスを活用できます。
ブラザー「PRIVIO」シリーズの強みは、なんといってもネットワークや電話・ファクス、ADF(自動給紙装置)など多機能な点だ。2012年モデルは「MyMio」からブランドを一新し、スタイリッシュなデザインを採用するなど大幅に進化した。

特集掲載期間:2015年11月30日~2016年1月12日