ダイエット、運動、ヴァームダイエット…
All About

もっと美しくなりたい! そんな願いは、多くの女性がもっているもの。これをかなえるために「まずは痩せよう」と考えがちですが、ただ体重を落とすだけでは美しいカラダを手に入れることはできません。大切なのは、中身の体脂肪。これをいかに効率よく燃焼させるかが、美しいカラダづくりを成功させる秘訣なのです。

そこで、美しく痩せる効率のよいダイエット方法を、All About「エクササイズ」ガイドの森さんに教えてもらいました。

美しいカラダを手に入れるために…効率よく痩せる方法とは

森さん(以下敬称略)「痩せようと思うと、とにかく体重を減らそうと考える方は多いですね。でも、食事を減らすだけでは筋肉も落ちてしまうので、代謝がダウンして痩せにくくなるもの。また、急に痩せるとリバウンドも心配ですし、筋肉が落ちたところに脂肪が付くと、脂肪がどんどん重なっていって、締まりのないカラダになってしまいます。やはり効率よく痩せるなら、運動によって筋肉をつくり、代謝のいいカラダを目指すことが大切ですね」

このときは、とにかくカラダを動かそうと、がんばりすぎるのはNGなのだとか。

ちょっと呼吸があがって、軽く汗をかくくらいの運動でも、カラダにとっては十分効果があります。意気込みすぎて激しい運動をするとストレスになり、続けられなくもなるので、カラダを動かすことが徐々に習慣化して、苦にならなくなったらジムに通うといった形で、最初は抑え気味に行いましょう。そうするうちに、おなかに影ができてきたり、ぽちゃぽちゃしていた二の腕に弾力が出てきたりと、変化が出てくるはずですよ」

なるほど、実際に目に見えて変わってくれば、モチベーションアップに繋がって、続けていくことができそうですね。では、具体的にどのような運動がよいのでしょうか?

「乳酸がたまりにくく疲れにくいと言われる有酸素運動と、レジスタンストレーニングの組み合わせがいいですね。ジョギングなどの有酸素運動で全身に酸素を回してから、ダンベルなどのレジスタンストレーニングで筋肉をつくる。有酸素運動だけでは女性らしい、メリハリのあるカラダにはならないので、くびれやヒップライン、ふくらはぎなど、ターゲットを絞って筋肉をデザインしましょう。特にヨガは、呼吸に合わせてカラダを動かしながら、体幹もしっかり使うので効果が期待できますよ」

こうした運動をするときに活用したいのが、『ヴァームダイエット』。聞けば、運動前に飲むことで、体脂肪の燃焼をサポートしてくれるドリンクなのだそうです。……と聞いても、いまいちイメージしにくいですよね。そこで実際に、『ヴァームダイエット』を飲んでカラダがどう変わるのか、All Aboutが試してみました。気になる結果は、次項をチェック!


All About「エクササイズ」ガイド:森 和世
アパレル商社を退職後、単身カナダへ渡り、さまざまなエクササイズやヨガに出会ったことで、エクササイズが生活の一部となる。帰国後、10kg太った体を半年で戻し、その時の経験を元に綺麗に痩せるエクササイズを多数考案。現在、フリーのヨガインストラクター・エクササイズディレクターとして活躍。

『ヴァームダイエット』の実力をAll Aboutが実際に検証!

『ヴァームダイエット』を飲むと体表面温度はどう変わる?

ヴァームダイエット』に含まれる成分を摂取して運動すると、エネルギーを熱として放出する褐色脂肪細胞中UCP-1(※)の発現量が多くなり、 熱産生を促進して体重と蓄積脂肪の増加を抑えるという試験結果が出ています。

これを受けてAll Aboutは、体脂肪の燃焼時は体温が上昇すると考え、サーモグラフィを使って体表面温度を計測。運動する前に何も飲まない場合と、『ヴァームダイエット』を飲んでから運動した場合で比較してみました。個人差を考慮し、森さんとともに堀口さん、上津原さんという女性おふたりにも参加してもらっています。

運動に使用したのは、ルームランナー。普段はジムに行くと、まず走ってカラダを温めるという森さんと、週に1〜2度、ダンスを楽しんでいる堀口さんは時速4.5マイル(約7.2キロ)の設定でランニング。一方、上津原さんは2.7マイル(約4.3キロ)のウォーキングをそれぞれ15分こなした後、カラダを冷やす汗がひくのを待って5分後にサーモグラフィで計測しました。

気になる結果は、左の写真にある通り。やはりそれぞれに差はあるものの、皆さん、『ヴァームダイエット』を飲んだ後に運動したことで、おなか周りや脚などを中心に温かくなって(体表面温度が上昇して)います。中でも、3人目の上津原さんはその違いが歴然! 決して早足ではないウォーキングにも関わらず、全体的に温度が高くなり、いかにも燃えているという印象ですよね。

堀口さんと上津原さんに聞くと、おふたりとも「『ヴァームダイエット』を飲んでからの方が、短時間でカラダが熱くなった」と口を揃えます。さらに堀口さんからは「汗がひくのも早く感じました」、上津原さんからは「カラダが熱くなったぶん、飲んだ後の方が“運動した!”という気がしました」というコメントも。

「私の場合、『ヴァームダイエット』を飲んでからのランニングは、飲まないときに比べて疲れにくい印象でした。飲まずに走ったときは、エネルギーが足りない感じ。これは、体脂肪を燃焼してエネルギーに換えるという『ヴァームダイエット』の性質から来ているものなのかもしれませんね」

※褐色脂肪細胞中UCP-1とは:
UCP-1(Uncoupling protein 1)は、ミトコンドリア脱共役タンパク質の一種で褐色脂肪細胞のミトコンドリア内膜に局在し、エネルギーを熱として放出する機能を持っています。

体脂肪を効率よく燃やす秘密はアミノ酸の配合バランスにあり

サーモグラフィでの比較結果にあったように、『ヴァームダイエット』を飲んで運動すると、なぜ体表面温度が上がるのでしょうか? その理由は、このドリンクに含まれるアミノ酸“ D-V.A.A.M.”にあります。

そもそも『ヴァーム』シリーズは、スズメバチの生態を研究して生み出されたスズメバチアミノ酸混合物“ V.A.A.M.”を配合した製品。スズメバチの成虫は食事の代わりに幼虫からの分泌液を受け取って生きており、この分泌液は脂肪の代謝に大きく関係しています。“V.A.A.M.”は、これを科学的に再現したもの。17種類のアミノ酸が主成分で、体内にある体脂肪をエネルギーとして利用できるように働きかけるのです。

一般的なアミノ酸製品との違いは、栄養素を補うものかどうかという点。たとえば“BCAA”と呼ばれるアミノ酸の場合は、筋疲労を予防するための栄養素補給を目的にしています。一方、“V.A.A.M.”のメカニズムは、体脂肪を燃焼してエネルギーに換えるというもの。これにより、バテにくい上に体脂肪が減らせるというメリットがあるのです。

そんな“V.A.A.M.”の研究を進める中で新たに発見されたのが、『ヴァームダイエット』に含まれる“D-V.A.A.M.”。“V.A.A.M.”とはアミノ酸の配合バランスが異なっており、強度の低い運動でも脂肪燃焼効果を高める働きがあります。これが通常の『ヴァーム』と『ヴァームダイエット』の違い。

「今回の実験で『ヴァームダイエット』のよさを実感しましたが、さらにいいと思ったのはメンタル面への作用。“体脂肪が燃焼できるなら、がんばっちゃおう”という気持ちになるので、飲んだときはいつも以上に動いて燃やしたくなりました(笑)。これなら、確実にモチベーションアップへ繋がると思います」

“D-V.A.A.M.”の研究成果は、学会でも報告されています。上のグラフは2013年『日本アミノ酸学会第7回学術大会』にて発表された“体脂肪燃焼効果試験(単回摂取)”のもの。ケトン体と呼ばれる脂肪酸分解時の代謝産物(燃えかすのような物質)を計測したところ、“D-V.A.A.M.”を摂取しないプラセボのときに比べ、大幅に総ケトン体量がアップしています。

対象:20〜23歳男性12名/実験群:アクティブ…D-V.A.A.M.3g入りカプセル、プラセボ…カプセル/摂取:運動開始30分前に経口摂取/運動負荷:自転車運動50%VO2max(速歩〜軽いジョギング程度の強度)60分/測定項目:血中パラメータ(ケトン体ほか)/試験デザイン:二重盲検クロスオーバー試験

森さんの言う「軽く汗をかくくらいの運動」の前に『ヴァームダイエット』を飲めば、美しいカラダも夢じゃないかも! これなら、無理なく続けられそうですね。


美しいカラダづくりをサポートする『ヴァームダイエット』シリーズ

森さんもオススメする『ヴァームダイエット』は、缶入りのドリンクタイプのほか、パウダータイプ、ゼリータイプの3種類がラインナップしています。

パウダータイプはあまり水分を摂りたくないときは濃いめにつくるなど、濃度が自由に調整可能。ゼリータイプは1パック12kcalと低カロリーなので、小腹が空いたときにもオススメです。いずれも砂糖ゼロで、低カロリーなのがうれしいですね。

無理なく効率のよいダイエットを実践したいなら、軽めの運動の前に『ヴァームダイエット』。ぜひ習慣として日常的に取り入れて、美しいカラダを手に入れましょう!

『ヴァームダイエット』公式サイト

『ヴァームダイエット』無料サンプル実施中!!

ご意見・ご感想はこちら>>
提供:株式会社明治
掲載期間:2014年9月29日〜11月23日【PR】
ヘルプ&インフォメーション会社概要投資家情報ガイドへの仕事・取材依頼プライバシーポリシー著作権・商標・免責事項
Copyright(c) 2001-2017 All About, Inc. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。