行くぜ、東北。×All About

絶品東北グルメ特集 山形の美食は、舌で愉しみ心に響く

  • mixiチェック

江戸末期創業の甘味処で味わう、極上スイーツの数々。人気のどら焼きのおいしさは驚き!

山形市の中心街、七日町のメインストリートや、山形市役所に近い旅篭町の交差点の角に、控えめながらモダンな佇まいの建物があります。こちらが、山形市内の方はもちろん、遠方の方にもその名を知られた和菓子・甘味処の「榮玉堂」。和菓子専門店として江戸末期に創業したお店です。あん、白玉、寒天など、和スイーツの主役を演じる素材のほとんどは自家製で、彩りも美しい「あんみつ」や素朴でやさしい味わいの「田舎しるこ」、夏には各種の「かき氷」も人気を集めています。
店内に入ると、最初に目に飛び込んでくるのが、「ブラマンジェ」や「白桃の杏仁豆腐」、「抹茶ババロア」など、お持ち帰りできるスイーツがきれいに並んだショーウインドー。その中でも一番広いスペースを占めているのが、どら焼きです。

こちらのどら焼きこそ、何をいただいてもおいしいと評判の「榮玉堂」で一番人気の商品。まず驚かされるのが、和菓子の枠に収まりきらないほど、さまざまな味の種類があることです。
定番の「どらやき」は、ふわふわの生地に、北海道十勝産小豆を使用した自家製あんをたっぷり挟んだ、「榮玉堂」自慢の逸品。厳選した生クリームと粒あんの相性が抜群の「生クリームどら」、カマンベールチーズとアングレーズソースのババロアをサンドした「カマンベールどら」もファンが多く、新定番の地位を獲得しつつあります。ほかには、「宇治金どら」、白小豆のあんを挟んだ「トラ焼き」、「生チョコどら」、「モンブランどら」、季節のどら焼きも。いずれも午前中に売り切れてしまうことも少なくないと聞けば、その人気のすまさじさがわかります。

“和”のテイストを感じさせる、すっきりと洗練されたカフェスペースで、お菓子+ドリンクの「ドリンクセット」をいただくことにしました。こちらのセットは、お菓子はすべてのどら焼き、スイートポテト、きんつば等から、お飲み物はクリームソーダ、コーヒーフロートを除いてなんでも、選べるというもの。今回は、「どらやき」と「榮玉堂ブレンド」をセレクトします。
ついに、噂のどら焼きとご対面。二つに割ると、しっかりと厚みのある生地に、粒あんがたっぷり挟んであります。一口。続いて、二口。これは、おいしい! 生地の食感と味わい、粒あんの品のある甘さが見事に調和しながら、それ自体が個性を際立たせています。甘党に限らず、未食の方は、山形に寄った際にはぜひお試しを。確実に手に入れたいなら、予約をおすすめします。

榮玉堂

住所:〒990-0047 山形県山形市旅篭町2-1-45 電話:023-622-2134
営業時間:9:00〜19:00(火〜土)9:00〜18:00(日・祝) 定休日:毎週月曜日

山形はもちろん、全国区でも群を抜くどら焼き

和菓子専門店として江戸末期に創業した甘味処。自家製のあん、白玉、寒天を使ったあんみつや田舎じるこをはじめ、どのスイーツもおいしい。中でも、どら焼きは、売り切れ必至の人気を誇る。


取材・文/村次龍志、写真/湯浅立志、コーディネーター/押尾隼人
映像:プロデューサー/佐藤祐、ディレクター/馬田健志、撮影/新津マサミ

「行くぜ、東北。」キャンペーン

現在、JR東日本が展開している『行くぜ、東北。』キャンペーンは、そんな東北旅を強力サポート! サイトには、観光スポットやグルメ情報などがぎっしり詰まっており、より充実した旅の実現に力を貸してくれます。

このほか、東北を美しい写真で魅せる『ポスターギャラリー』といったコンテンツもあり、東北へ行きたい気分をさらに盛り上げてくれること間違いなし! キャンペーンの最新情報はFacebookページにも掲載されているので、家族で東北旅を考えているなら、ぜひチェックしてください。

  • 行くぜ、東北。公式サイト
  • 東北へのツアー情報はこちらから

ご意見・ご感想はこちら>>

提供:東日本旅客鉄道株式会社
掲載期間:2014年7月17日〜2015年3月31日【PR】