行くぜ、東北。×All About 春夏秋冬 東北旅

ガイドのイチオシ!

日本三景を一望できる宿と、地元の巨岩パワースポットを巡る

日本三景を一望できる宿と、地元の巨岩パワースポットを巡る
お部屋やお風呂、どこからでも松島が見渡せます。絶景を独り占めしているような気分に。

松庵

釣石神社
All About  「旅館」ガイド:山田 祐子

大手ホテルチェーンで、主に企画・広告宣伝を担当。観光業界専門の人材紹介会社でキャリアコンサルティングを行った後、現在は観光コンサルティング会社に所属し全国の地域や宿の取材、調査などを行っている。

岬に突き出た『松庵(しょうあん)』は、日本三景の松島に手が届きそうな一軒宿の温泉。約3千坪の広大な敷地に、客室はわずか11室と贅沢な空間が広がります。
早めにチェックインして荷をほどき、芭蕉も絶句したという絶景を堪能して。一息ついたら、テラスの突端へ歩いていきましょう。シャンパン片手に夕暮れを眺めれば、肩の力が抜けていくような気分です。

夕食は、本格的な懐石料理。三陸のおいしい魚介類だけでなく、野菜が多めに使われているので体に優しく感じます。翌朝もゆっくりとスタートして、海の見えるテーブルで朝食を。気持ちよく1日を過ごし、チェックアウトしたら北上して石巻方面へ向かいます。

目指すのは、北上川河口に近くにある『釣石神社』です。ご神体は、崖の中腹から突き出た男石。子宝祈願をはじめ、落ちそうで落ちないことから、合格祈願の神様として地元の方々に守られてきました。
その巨石は東日本大震災にも耐えましたが、北上川を遡上した津波で、周囲は甚大な被害を受けています。境内の社務所や鳥居も流されてしまったのだとか。ここでは静かに手を合わせて、復興を願いましょう。

親子どちらの世代も楽しめる、石ノ森章太郎ふるさと記念館

All About
「美術館」ガイド:浦島 茂世

美術館訪問が日課のフリーライター。時間を見つけては美術館やギャラリーへ足を運び、内外の旅行先でも美術館を訪ね歩く。Webや雑誌など、幅広いメディアで活躍中。

宮城には注目の美術館がたくさんありますが、今回はちょっとユニークなところをイチオシします。『仮面ライダー』や『サイボーグ009』など、現在に至るまで愛されているマンガやアニメを創りだした漫画家、石ノ森章太郎さんの『ふるさと記念館』です。

自筆のスケッチの展示のほか、赤塚不二夫さんや藤子・F・不二雄さん、藤子不二雄Aさんなど、著名な漫画家を排出した伝説のアパート「トキワ荘」も再現されています。館内には石ノ森さんが原作を手がけた戦隊物や、ライダーシリーズのフィギュアがずらり。お父さん世代もお子さんも、一緒に盛り上がれる場になっています。

記念館の近くにある、石ノ森章太郎さんの生家も見学できます(入場料は記念館と共通)。また、冬に開催される前庭を3万5千個以上の電球で飾り付けるイルミネーションイベントも、ロマンティックでおススメです。

日本三景を一望できる宿と、地元の巨岩パワースポットを巡る
有名な漫画家の、日ごろ見られない原画を展示した特別展なども開催。家族で行きたいスポットです。

石ノ森章太郎ふるさと記念館

作並温泉の老舗旅館で、素晴らしい泉質の露天風呂を満喫

日本三景を一望できる宿と、地元の巨岩パワースポットを巡る
いにしえの風情が感じられるような露天風呂。イチオシの泉質に加え、源泉掛け流しがうれしいです。

仙台作並温泉 鷹泉閣岩松旅館
All About
「温泉」ガイド:藤田 聡

「温泉旅行博士」の称号を持つガイドが、全国の温泉をご案内します!

宮城には、泉質や雰囲気のいい温泉が点在しています。鷹泉閣岩松旅館は、作並温泉発祥の老舗宿。その最大の魅力は、二百年前の創業当時の面影を残す天然露天風呂です。

露天岩風呂と渓流の他には、何も人工物が見えない、太古の昔から変わらないと思える美しい景観の中で、源泉の異なる4つの湯船を堪能してみませんか?源泉掛け流しの温泉は泉質も最高で、ほのかな石膏臭も。日本中の温泉を旅しても、これだけの湯と風情の温泉には、滅多にお目にかかれないと思います。

さらに、宿としてもよいのが岩松旅館の凄いところ。温泉や客室は和風ながら、館内はホテルのように近代的で居心地が抜群です。料理も素晴らしく、特に宿にくわしい人なら朝食バイキングには驚くはず。すべての料理にカロリーが表記され、100%ジュースのドリンクバーがあって、朝からデザートも豊富。温泉だけでなく宿としても価値のある、充実の温泉宿です。

芭蕉の足跡を辿り、車窓の景色を楽しむローカル線

All About
「鉄道」ガイド:野田 隆

生家の近くを走っていた中央西線のSL・D51を見て育ったことから、鉄道ファン歴が始まる。高校で語学を教える傍ら、ヨーロッパの鉄道旅行を楽しみ、「ヨーロッパ鉄道と音楽の旅」を出版。その後、守備範囲を国内にも広げ、現在は旅行作家として活躍中。

宮城を旅するなら、列車で行くのも楽しいものです。『陸羽東線』は、鳴子温泉をはじめ数々の温泉地を結ぶローカル線。 JR東北本線の小牛田(こごた)(宮城県)と山形新幹線の新庄(山形県)を結んでいます。名前に温泉や湯がつく駅が6つもあり、また松尾芭蕉が歩いた「おくの細道」と路線がかなり重なることから、『奥の細道湯けむりライン』という愛称がつけられています。

東北の背骨にあたる山脈を越えるので、山中の車窓は見ごたえたっぷり。特に紅葉の鳴子峡の情景は、観光ポスターに取り上げられるほどの美しさです。普段は、2両編成のディーゼルカーがのんびり走っていますが、週末ともなると、観光列車『みのり』が仙台から鳴子温泉を通り、新庄まで直通運転しています。

ゆったりした座席から、移りゆく車窓の景色を楽しむだけでなく、前後の展望席からの眺めも見どころです。何種類もの湯が魅力の鳴子温泉は、こけしの産地としても有名。 『みのり』の車内や鳴子御殿湯駅の、ユニークななこけし風イラストは必見です。

芭蕉の足跡を辿り、車窓の景色を楽しむローカル線
人気の観光列車『みのり』に乗って、途中下車しながらのんびりと旅を楽しんで。
芭蕉の足跡を辿り、車窓の景色を楽しむローカル線
リゾートみのり運転台付近には、陸羽東線オリジナルこけしと、スタンプが。
陸羽東線
リゾートみのり(陸羽東線)

松島の絶景を眺めながら、おいしい「カステラ」を召し上がれ

松島の絶景を眺めながら、おいしい「カステラ」を召し上がれ
和風モダンな雰囲気のあるお店でいただく評判のカステラ。大きな窓からは松原が一望できます。

松華堂菓子店
All About 
「スイーツ」ガイド:平岩 理緒

スイーツ情報サイト「幸せのケーキ共和国」を主宰するスイーツジャーナリスト。新聞、雑誌などでスイーツ情報を発信するほか、カルチャースクールや製菓系専門学校での講義、スイーツイベントのコーディネート、商品開発コンサルティング、コンテスト審査員などを行う。1カ月に100種類以上のスイーツを食べ歩く。

宮城はスイーツもおいしいところ。松島のシンボルである五大堂の真向かい、海岸沿いにある『松華堂菓子店』がおススメです。1階は雑貨やせんべいを販売し、2階は工房とおしゃれな和風カフェになっています。全面ガラス張りの窓から、美しい海と風景を眺めつつ、ゆったりしたひとときを過ごしましょう。2011年3月に津波で浸水し、一時休業されていましたが、今はまた観光のお客様や地元のファンで賑わっています。

人気のカステラは、松島町・蜂谷養鶏場の新鮮な卵と、岩手県盛岡市・藤原養蜂場の純粋あかしあ蜂蜜を使用。ドリンクとのセットでは、コーヒーか京都・柳桜園のほうじ茶を選べるのもうれしいですね。ふんわりと弾力のあるカステラの滋味と、香ばしいほうじ茶との相性のよさが楽しめます。

イートイン限定で、ソフトクリームと餡、深煎りきなこ、杏を合わせた「松華堂パフェ」や、夏季限定のかき氷などもいただけます。お土産には、宮城産白大豆のきなこクリームをサンドした「きなこのダックワーズ」をどうぞ。

自分のイチオシ見つけよう!『行くぜ、東北。』キャンペーン開催中!

美しい風景、質のいい温泉、地元の食材を使ったグルメなどなど、各分野のスペシャリストが選ぶイチオシは、東北の魅力がギュっと詰まったものばかり! もちろん、東北の見どころや楽しみ方はまだまだ語りつくせません。

さらに知りたい方は、『行くぜ、東北。』サイトをチェック。 Facebookページにも耳寄りな情報がいっぱいです。これからの旅行プランを立てるなら、もう東北で決まりかも!

『行くぜ、東北。』公式サイト

東北へのツアー情報はこちらから




店舗・施設の料金等については、 2014年4月の消費税率引上げに伴い、変更になる場合がございます。ご利用の際は各店舗・施設等にお問い合わせください。
FACEBOOK

ご意見・ご感想はこちら>> 提供:東日本旅客鉄道株式会社
掲載期間:2013年6月27日〜2014年3月31日【PR】
ヘルプ&インフォメーション会社概要投資家情報ガイドへの仕事・取材依頼プライバシーポリシー著作権・商標・免責事項
Copyright(c) 2001-2017 All About, Inc. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。