チューンナップ、エンジン、燃費…
All About
意外と知られていないハイブリッドカーの弱点とは?エンジンコーティングでエコ度をアップ
100年に一度といわれる不況や、環境問題への意識の高まりにより、エコカーへの注目度が高まっている。燃費に優れるハイブリッドカーではあるが、実はメカ的に負担のかかる部分もある。そこで、最近初代プリウスを入手したモータージャーナリスト・清水草一氏の実体験を交えながら、“ハイブリッドカー弱点解消法”を考えてきたい。
続きを読む
All About スポーツカー&オープンカー 岡本 幸一郎
All About「スポーツカー&オープンカー」 ガイド:岡本 幸一郎
速く、美しく、気持ちいい。五感に訴えかけるスポーツカー&オープンカーをご紹介!
意外と知られていないハイブリッドカーの弱点とは?エンジンコーティングでエコ度をアップ
始動・停止を繰り返すためハイブリッドカーは疲れている?
エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドカー。その中にもいくつかの方式があり、プリウスとインサイトではメカニズムが異なることをご存じだろうか。

まずインサイトの「IMA」は、主役はあくまでエンジンで、トランスミッションとの間に組み込んだ薄型モーターが必要に応じて駆動をアシストするという機構。エンジンとモーターが同一軸にあり、並列して駆動力に用いられるため「パラレル方式」と呼ばれる。

一方、「THS」と呼ばれるプリウスの「スプリット方式」では、エンジンからの動力を遊星ギアにより分割し、充電専用の発電機と車輪の駆動に最適に振り分けている。これにより、エンジンの効率のよい領域とモーターの得意とする領域をより積極的に使い分けることができ、低速、短距離であればモーターのみで走ることもできる。

ハイブリッドカーは燃費に優れるが、エンジンが頻繁に停止・始動を繰り返すので、油膜が切れた状態でピストンとシリンダーが擦れ合う、いわゆる『ドライスタート』の回数が必然的に多くなることになる。
エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドカー
始動・停止を頻繁に繰り返すハイブリッドカー
始動・停止を頻繁に繰り返すハイブリッドカーのエンジンは、実は一般的にクルマのものよりも過酷な状況にある。
ドライスタートのダメージが蓄積されて、同じぐらいの年式や走行距離の中古車で比べると、ハイブリッドではないクルマよりもプリウスのほうがエンジンのコンディションは悪くなっている可能性が高い。その観点から、マイクロロン・ハイブリッドの開発はスタートした。

ちなみに、先代インサイトやシビック・ハイブリッドでは、あまりアイドリングストップすることのなかったホンダのIMAも、現行インサイトではエンジンが停止することが増えており、その点ではプリウスと同様の症状が起こりうるのだ。
ハイブリッドカーの弱点を解消するには>>
左:岡本幸一郎氏、右:清水草一氏(モータージャーナリスト)
マイクロロン・ハイブリッド
「マイクロロン・ハイブリッド(7,350〜21,000円)」はハイブリッド車の特性を考えて作られたエンジンコーティング剤で、即効性に優れ、皮膜も強固だ。
長く乗りたいハイブリッドカーこそ エンジンのことを気づかいたい
清水氏はフェラーリの愛好家として知られるが、「プリウスの能力を最大限に引き出して最高の燃費を出す」ことの奥深さに目覚め、2009年2月に2000年式の中古車を購入したばかり。当初しばらくそのまま乗っていたが、購入約1ヶ月後にマイクロロンによるコーティング処理を実施し、そのフィーリングの変化を実感しているところだという。

ちなみに、氏のマイクロロンとの出会いは、初めてフェラーリを手にした15年ほど前のこと。以降、“クルマに捧げる愛”として、所有するクルマのすべてにマイクロロンを施してきた。その中で氏は、「調子のあまりよろしくないクルマほどマイクロロンの効果が顕著に感じられた」という。

そして、件のプリウスでは、「注入前に比べて明らかにエンジンの再始動がスムーズになり、いつ始動したかさえ分からないほどになった。さらに、全開走行時にはかなり騒々しかったエンジン音が、ずいぶん静かになった」とか。やはり、度重なるドライスタートにより、エンジンがダメージを受けて、燃焼時に発生する振動やノイズが大きくなっていたのだ。

マイクロロンが期待に応えてくれたことを喜ぶ氏は、「マイクロロンを入れることは、プリウスにとって明らかに“いいこと”」と言う。この先もプリウスのグッドコンディションを長く維持していくために、マイクロロンが貢献してくれることだろう。
肝心の燃費については、「もともと燃費がいいせいか、今のところ処理前に比べて大きな変化は認められませんが、市街地から高速を合わせて概ね20km/Lという好数値をマークしている」とのこと。ドライスタートはエンジンの圧縮比を低下させる可能性が高く、それは加速性能や燃費の悪化につながるのだが、その点でも、もし長い時間と距離を走って比べた場合、マイクロロン処理の有無によって、結果は少なからず変わってくるはずだ。
クルマの達人が愛用しているのは>>
より高い効果を得ることができる ハイブリッドカー専用のエンジン処理剤
マイクロロン・ハイブリッドは、通常のメタルトリートメントに比べ、即効性に優れ、皮膜も強固である。これは、一般的にハイブリッドカーはアイドリングストップをするので、できるだけ短時間でコーティング処理が完了することが求められるからだ。さらに、頻繁にくり返されるエンジン停止・再始動に対し、極力ドライスタート状態が起こらないようにするためである。

マイクロロン・メタルトリートメントよりも2,000円程度の価格アップで、これほど高い効果が加わるのだから、ハイブリッドではないクルマでマイクロロン・ハイブリッドを使わない手はない。

またハイブリッドカーに限らず、最近ではアイドリングストップするクルマも少しずつ出てきている。さらに通常のクルマでアイドリングストップを心がけている人も増えているので、そういう人たちにもマイクロロン・ハイブリッドはうってつけと言える。

近年のクルマに純正採用されている省燃費オイルは、粘度が低く、油膜が切れやすい。その上で、さらに頻繁にエンジン停止・再始動を繰り返すというのは、エンジン保護の観点からすると好ましいものではない。その点でも、ドライスタートを防ぐことに特化したマイクロロン・ハイブリッドでエンジンコーティングを施しておくことが好ましいと言えるだろう。
マイクロロン・ハイブリッドとは?>>
左:清水草一氏(モータージャーナリスト)、右:岡本幸一郎氏
清水草一氏(モータージャーナリスト)、岡本幸一郎氏が乗車している
エンジン保護や燃費のことを考えれば、ハイブリッドカーではないクルマにもマイクロロン・ハイブリッドは有効だと清水氏は語る。
4WDのハリアー・ハイブリッド
4WDのハリアー・ハイブリッドなどは、駆動系のパワーロスが発生しやすい。それゆえ、コーティング処理が有効になる。
マイクロロン・エアコンディショナーフィックス マイクロロン・エアコンディショナーフィックス エアコン作動時のエンジン負担を減らしたいなら「マイクロロン・エアコンディショナーフィックス(8,400円)」
マイクロロン・ハイテンプグリース 「マイクロロン・ハイテンプグリース(15,750円)」は高負荷対応のグリース。ベアリングやドライブシャフトなどの摩擦を軽減させる。 マイクロロン・ハイテンプグリース
マイクロロンを購入する
エアコンや駆動系の効率を見直せば さらなら燃費効率アップに
マイクロロンはエンジンだけでなく、トランスミッション、デファレンシャル、パワーステアリング、ホイールベアリングなどに用いるグリースや、エアコン用のアイテムをラインアップしている。

ハイブリッド車のさらに燃費を高める意味では、エアコンへのマイクロロン処理は効果的だ。ハイブリッド車は、もともと搭載されるエンジンが小さく非力でありながら、エアコンを動作させるためのコンプレッサーを回すために、さらにエンジンが過酷な状況に置かれることになる。そこでコンプレッサーの内部コーティングをすることで負担を軽くし、エンジンのロスも低減することでより燃費向上が望めるというわけ。これは、エンジンで直接コンプレッサーを回すIMAだけでなく、電動コンプレッサーを採用するTHSにも当てはまる。

もうひとつが、ハイテンプグリースだ。ホイールベアリングに処理することで、抵抗が減少し、さらなる燃費向上が期待できる。一般的なグリースは固く、少なからず抵抗となる。ハイテンプグリースは、柔らかいながらも飛び散らないという理想的な特性を持っており、ベアリングをよりスムーズに動かすことができる。エンジンほど効果が分かりやすい部分ではないが、動き出してから惰性で転がる感覚がかなりスムーズになるという。こちらも燃費向上にプラス作用することは間違いない。

燃費がいいとされるハイブリッドカーだが、マイクロロンを賢く使えばさらに燃費を向上させたり、愛車を長持ちさせることができる。ハイブリッドカーユーザーの皆さん、マイクロロンでさらなるエコカーライフをおくってみては。
クルマのメカを気づかうなら>>
バックナンバー
第1回 マイクロロン樹脂で愛車のエンジンをリファイン
「カーメンテナンス」ガイド 宮島小次郎
第2回 スポーツカーの達人が語る“マイクロロンパワー”
「スポーツカー&オープンカー」ガイド:岡本幸一郎
第3回 エンジン保護剤で“Wエコ”を実践!
「コンパクトカー」ガイド:三代やよい
第4回 意外と知られていないハイブリッドカーの弱点とは?
エンジンコーティングでエコ度をアップ
ご意見・ご感想はこちら>> 提供:株式会社協和興材
掲載期間:2009年5月21日〜6月15日 【PR】
ヘルプ&インフォメーション会社概要投資家情報ガイドへの仕事・取材依頼プライバシーポリシー著作権・商標・免責事項
Copyright(c) 2001-2017 All About, Inc. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。