オイル、低燃費、メンテナンス…
All About
“低粘度オイル”という新しいカーケア
最近のクルマには、燃費がよく、しかも有害物質の排出が少ないエコロジーなエンジンが搭載されている。そんなエコカーに使用するのが、低粘度のエンジンオイル。果たして、低粘度オイルとは何なのか? どんな低粘度オイルを選べばいいのかを、「カーメンテナンス」ガイドの宮島小次郎氏とともに考えてみた。
ガイド
All About「カーメンテナンス」ガイド:宮島 小次郎
数々のカーメンテ本を手がけたガイドが「初心者にもできるメンテ」をモットーに解説。
新世代エンジンにマストの低粘度オイルとは何なのか?
ご存じの通り、エンジンオイルは様々な役割を果たしているのが、中でも最も重要な働きが「潤滑」だ。エンジン内部の金属パーツ同士が摩擦する時に、互いが傷つくのをオイルの油膜により防止する。この油膜が切れないように、エンジンオイルは水と違って「粘り」が持たされているのだ。

この粘りの強さを示すのが、自動車の取り扱い説明書やオイルの缶に書かれた「SAE(米国自動車技術者協会)粘度分類」だ。10W-30などいった数字である。ちなみにWはウインターの略で、冬期も使用できることを意味している。オイルは低温になると硬くなる性質を持っているので、数値が少ないほど低温でもサラサラということだ。ハイフンから後ろの数値はエンジン内部の温度が100度の時の粘度性能を表している。数字が大きいほど、熱に強く油膜が厚いと言える。低温時とは逆に、高温になればなるほどオイルは粘度を失うので、エンジン内部の温度が上昇しやすいハイパワー車やターボ搭載車、スーパーチャージャー搭載車には後ろの数が高いオイルがいいわけだ。

さて、かつては低燃費を売りとするコンパクトカーなどでは、低いほうでもオイルの推奨粘度は5W-30や10W-30であった。ところが最近の多くのクルマは、0W-20が推奨粘度になってきている。これはなぜか?
「エンジンを守るための粘度が逆に抵抗となり、実はスムーズな動きを妨げていた部分もありました。そこで、オイルの粘度を下げてエンジンの摺動部のフリクション(抵抗)を低減させることで、エンジンをよりスムーズに作動させることができます。それが燃料の消費を抑えることにもつながるわけです」と宮島氏は解説する。

つまり0W-20などの低粘度オイルこそが、現代のエコカーの低燃費、クリーン性能の礎となっているのだ。
エンジンオイルの基礎を知りたい>>
信頼のブランドだから実現できた エンジンオイルの21世紀性能
エコカーに低粘度オイルが大切なことはわかっていただけたと思うが、低粘度オイルと言ってもただ粘度を下げただけでは、十分にエンジンを保護し、そのパフォーマンスを発揮させることはできない。過酷な状況でもエンジンを保護するための高い性能が、低粘度オイルには求められる。では、どんな低粘度オイルを選べば安心なのだろうか。それは、やはり信頼できるブランドのエンジンオイルをチョイスするのが一番だ。

1908年に設立されたイギリス・BP社は、オイルメーカーとして、また石油メーカーとしても有名な世界のトップブランド。
「エンジンオイルは、石油から精製された原料をもとに作られた製品です。そのため多くのオイルメーカーでは、オイルのもととなる原料を石油メーカーから購入して、エンジンオイルを製造しているのです。そうした中にあって、世界有数の石油メジャーでもあるBPは、その原料の段階から開発を手がけている数少ないオイルメーカーのひとつなのです」と宮島氏は語る。つまり数あるオイルブランドの中でも、原料から吟味することができるBPのようなメーカーは希有なのだ。

さらに、そうしたエンジニアリング的な優位性だけにとどまらず、BPは世界中の様々なモータースポーツをサポートしてきた。そうした活動を通じて極限の状況下で得たテクノロジーが裏付けとなって、高いオイル性能を実現しているのだと、宮島氏。日本でも、国内トップレベルのレース“フォーミュラーニッポン”や“Super GT”に参戦するチームをBPがサポート。そのオイルは、現場で厚い信頼を得ている。こうしたシーンで得たノウハウなどにより、「BPバービスシリーズ」は生まれた。
BPとはどんなメーカー?>>
20世紀初頭からBPのエンジンオイルは、自動車ユーザーにその高い品質が認められてきた
BPブランドロゴの変遷
エンジンオイルの新基準 それが「BPバービスシリーズ」
BPバービスシリーズは、徹底した低フリクションを追求されるレーシングオイルの開発から得た豊富なデータを基に、市販車を対象にして作られた高性能オイルだ。BPバービスシリーズのどんな点が優れているのか、宮島氏に聞いてみた。

「低燃費、ローエミッションという観点から、今後ますます自動車メーカー推奨オイルの低粘度化が進むと思われます。しかしオイルの低粘度化は、エンジン保護のために必要となる油膜の保持という面ではとても厳しい状況。そんな厳しい条件において、しっかりとエンジンを保護しつつ、低フリクションを両立させるためには、エンジンオイル自体の基本性能の高さが問われます。そうした基本性能をしっかりと確保しているのが、BPバービスシリーズです」。

BPバービスシリーズはエコカーのみを対象としたオイルではない。ラインナップの中には、高性能高出力エンジン向けのオイルも用意されている。
「低粘度オイルは本来レース用に作られたものですが、BPはそうした過酷な状況でも十分に耐えられるようにテストしてきた実績があります。BPバービスシリーズとは、そうしたレーシングテクノロジーに基づいて開発された市販車用オイルですから、高性能エンジンにも安心して使用することができるのです」と、レース車両のメンテナンスにも造詣が深い宮島氏は言う。

低燃費+ローエミッションのエコカーから、ドライビングプレジャーを楽しむためのスポーツカーまで、幅広いカテゴリーのクルマのエンジンをフォローできるBPバービスシリーズ。まさに、21世紀のエンジンオイルの新基準なのである。
もっと「バービス」について知りたい>>
Super GTやフォーミュラニッポンなど、国内外のモータースポーツをサポートし続けるBP。その高い信頼性によって、数々の栄光を手に入れてきた
スポーツカー用のバービスも用意されており、愛車のドライビングプレジャーをさらに高めてくれる
豊富なラインナップで多様なクルマをフォローする「BPバービス」
BPバービスシリーズのラインナップは、それぞれタイプの違う全14種類。粘度も、エコカー向けの0W-20から高出力ターボエンジン向けの10W-50まで、幅広く用意されているのが特徴だ。

買い物などの日常の足として使うクルマはもちろんのこと、サーキットで極限までパフォーマンスを発揮させるクルマでも、BPバービスシリーズは潤滑をはじめとする優れた基本性能を発揮。愛車のエンジンを守ってくれる。

いつまでも愛車と楽しいカーライフを送るために、愛車のコンディションには気を使いたい。そんな人にこそ使ってほしい、BPバービスシリーズ。
バービスプレミアム バービスヴェローチェ バービスグリフィン バービスキュート

提供:BPルブリカンツ株式会社
掲載期間:2007年11月1日〜12月31日 【PR】
みんなはどう思ってるの? watch the blog!
更新:2007年11月1日
近所のカー用品ショップに無いので、今回リピートです。うちの車にはこれが最適です。特にお値段的にw ランチアデルタインテグラーレ16Vに乗っているので、オイルはちゃんと選ばないと。。。えらい目にあうので……
T自動車整備工場にてZ3のエンブレムとオイル交換及びフロントガラス撥水コーティングなどのメンテをして頂きました。BMWブランドの命とも言える雛人形の家紋のようなフロントノーズエンブレムのメッキがボロボロとい……
色々あって忘れててうっかり6000キロも走ってしまったのでオイル&フィルター交換!いつも入れているバービスキュート!この車には良いオイルで燃費もエンジン音も文句無しに快調〜!!オイル価格はそれなりに高……
というわけで、一部の方にはすでに情報だだ漏れだった模様ですが、13日木ホンダツインカム走行会@本庄に行ってきます>Д<ゝ”イエッサ!!  やっとの思いで仕事をあげて希望休を取って、1年ぶりのサーキット走行会参……
日曜日、今週末のサーキットに備えてオイル交換。 DC5はエレメント交換無しでも 4.5Lも飲み込む・・・^_^; さて、どのオイルを入れようか? NAだから5Wでいいのかな? でもサーキット走行だしなぁ? って事でネットをウロウロ。……
明後日、15日の本庄サーキットの走行会(ドリフト)に備え、 我がローレルのエンジンオイルの交換をしました。 一応BPのいちばん良いやつを入れてます。 あ、ちなみにこの車、SRエンジンです。 以前乗ってたPS1……
m様、ソアラの車検、誠にありがとうございました。発売当時、トヨタからでましたが今ではレクサスから人気のスポーツカーです。今回の交換部品はエンジンオイル、オイルエレメント、エアエレメント……
選んだのはBPのバービスブルー。店員がおすすめしてくれた。ボクのクルマはディーラーで買ったからオイルは純正のものをいれてくれるんだけど、こういうところだと選択肢が多くなる。それが楽しい……
今日は曇りで風もさほど強くなく涼しくて洗車日和〜♪と思って洗車してきました☆ Fバンパー、ボンネット、ルーフだけ鉄粉除去粘度クリーナーできれいにしてからワックス掛けました〜。やっぱり前処理すると……
今日は、有給休暇で、お休みなのですが、台風の影響?で、空は、あいにくの雨模様、自転車はお休みにして、黄色帽子にて、愛車の”Kei WORKS”の、オイル交換をして来ました。私の愛用オイルは、BP mini Synthetic-R です……
Technorati
■ご注意事項

本サイト上で掲載させていただく、BPルブリカンツ株式会社に関するブログ記事は、テクノラティジャパンの検索システム上で抽出された記事になります。
テクノラティジャパンの検索システムは、インターネット上にあるウェブサイトの中からブログだけを対象に、キーワード検索するシステムです。

よって、表示される検索結果、及びリンク先ブログの内容は、BPルブリカンツ株式会社が提供するものではありません。
ブログの内容に関するご質問等は、各々のブログ運営者にご連絡ください。

ブログ記事を掲載させていただく際、特定の個人や組織に対する誹謗中傷といった不適切な内容の記事につきましては、
掲載を差し控えさせていただく場合もございますので予めご了承ください。

掲載させていただくブログ記事につきましては、一度内容を確認させていただいてから掲載させていただいております。
そのため、ご自身のブログ上で記事を更新されてから本サイトで公開されるまで、多少お時間がかかる場合もございます。
ご意見・ご感想をお寄せ下さい。
 
※All Aboutのアンケートは締め切りました。ご協力いただき、誠にありがとうございました。
個人情報の変更・削除等のご依頼、その他、アンケートに関するお問い合わせにつきましては、
プライバシーポリシーをご確認の上、お申し出ください。
ヘルプ&インフォメーション会社概要投資家情報ガイドへの仕事・取材依頼プライバシーポリシー著作権・商標・免責事項
Copyright(c) 2001-2017 All About, Inc. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
バービスプレミアム バービスヴェローチェ バービスグリフィン バービスキュート