ヒザ痛、関節痛、コンドロイチンZT…
All About
歩くたびにヒザが「ズキン!」この痛みを和らげるには?
今まで特にヒザの痛みを感じたことがなくても、「長い時間散歩をしたら、なんとなくヒザがだるくなった」といった経験をお持ちの方は要注意!ヒザの構造上、日々の生活での負担や筋力の低下、老化現象が加わることで、ジワリジワリとヒザに痛みが出る状態へと近づいていきます。そして、いつものように階段を歩いたら「痛っ!」とヒザに痛みが走り、ヒザが腫れて何度も水がたまったり、放置しておくことでヒザが変形したりと、ヒザ疾患を招いてしまうのです。ですから、ヒザ痛の症状がある人はもちろん、症状がない人も早めにヒザのケアを考えたいですね。そこで今回は、「肩こり・腰痛」ガイドの檜垣暁子さんに、ヒザ痛の原因と対処法について解説をしていただきました。

ガイド
All About 「肩こり・腰痛 」 ガイド:檜垣 暁子
国民病と言われる肩こり、腰痛。つらい症状でお悩みの方に役立つ情報を発信します。
階段の上り下りが、とってもつらい…これって老化現象?
まず大切なことは、ご自身のヒザへ意識を向けることです。ヒザへの負担は痛みや違和感として、自分自身へ警告信号を出しています。例えば「階段の上り下りがつらい」「正座をすると違和感が出る」「歩くとヒザが痛くなる」「ヒザの曲がり方が左右で違ってきた」「ヒザが腫れぼったい」「イスから立ち上がる時にヒザが痛い」など、今までのヒザとどこか違うということに、早めに気が付くことが悪化を防ぐポイントです。こうしたヒザの症状の多くは「変形性ヒザ関節症」であると言われ、長期にわたり徐々にヒザの軟骨がすり減り、ヒザへの負担が増すことで、痛みや変形が進行する疾患です。ですから、老化が始まり、ヒザを動かす筋力の低下が見られる率の高い、中高年の方に多いのです。痛みのために歩行が困難になると、ますます症状が現れ、悪循環を断ち切ることも難しくなります。また、若い頃にヒザに怪我をした経験がある場合や、過度な運動をしている場合も、ヒザの軟骨に影響を及ぼす可能性がありますので無理は禁物です。
こんなときには要注意
▲日常生活でヒザが少しでも「おかしいな?」と感じたら要注意!放置しておくと、どんどん症状が悪化してしまいます。
▲関節痛(変形性ヒザ関節症)の原因はコンドロイチン硫酸の不足。元々体内にある成分で、加齢とともに減少していきますが、関節部分で潤滑油の役割を果たしているので、不足すると痛みの原因になってしまうのです。
その痛みの原因、関節軟骨の減少では…?
厚生労働省発表の国民生活基礎調査では、最も気になる症状の上位が腰痛、肩こり、手足の関節痛であり、関節痛は男性よりも女性に多い悩みであるという結果が出ています。女性は男性よりも筋肉量が少なく、関節を支える構造上の違いや、ホルモンの影響を受けやすいといったことが関与していると言われています。特に更年期以降は注意しなくてはなりません。そのような点から女性はヒザの痛みを訴えるケースが多いと考えられています。ヒザに負担のかかる状態が続くと、ヒザの関節を構成している骨と骨のクッション材となる軟骨がすり減ってしまいます。この軟骨は、本来はなめらかな表面をしているのですが、軟骨がすり減ることで、スポンジのような柔らかさも失われ、ヒザの関節への衝撃をカバーできなくなります。こうなるとレントゲン写真でも関節の間に正常な隙間が見られず、関節の間が狭くなった状態が確認できる場合もあります。
ほかにもこんな症状には要注意!>>
大切なのは慌てないこと ゆっくりできる対処法アレコレ
ヒザの痛みを感じると、不安になり慌てて治そうとしてしまいがちです。シップや塗り薬、痛止めは、一時的な対処にしかならないケースもあります。痛みが繰り返されないように、しっかり改善させるには、ヒザへの負担を軽減させる予防法が大切。ヒザを支える筋肉の弱化予防のためにウォーキングや、O脚改善のためにモモやお尻の筋力UP、ヒザへ負担のかかる激しい運動の制限、肥満傾向の人はダイエットなども有効です。さらに、体の中からのケアも回復を早めるポイントです。ヒザの軟骨に重要なコンドロイチンを摂取し続けることで、軟骨のすり減りによる痛みの緩和が期待されます。ヒザに違和感が出たとき、早めにコンドロイチンを摂取すると、関節軟骨の柔軟性や表面をなめらかに保つ効果が期待できるでしょう。
コンドロイチンは、こんなところにも力を発揮>>
ヒザ痛の対処法アレコレ
ヒザの痛みは「飲んで」改善!カラダの中からじっくり治しましょう
今から50年前、ゼリア新薬はコンドロイチンにいち早く着目。自然治癒力を高めて抵抗力を強化する、そして老化防止をうたうという発想の元に研究を重ね、現在の「コンドロイチンZS錠」が誕生しました。軟骨を構成する成分のひとつであるコンドロイチンを飲むことで、軟骨のクッション機能の衰えを予防改善する、つまり体の内側から治療するというわけです。(効果が出るまでに少々時間がかかりますが、1ヶ月服用しても症状の改善がみられない場合は、医師又は薬剤師にご相談下さい)、痛みを元からじっくり治してくれる「コンドロイチンZS錠」。現在、ゼリア新薬では「今も昔もありがとうキャンペーン」を実施中です。
コンドロイチンZS錠をもっと知りたい
キャンペーンページへ
コンドロイチンZS錠

提供: ゼリア新薬工業株式会社
掲載期間:2006年11月16日〜12月15日 【PR】
ご意見・ご感想をお寄せ下さい。
 
※All Aboutのアンケートは締め切りました。ご協力いただき、誠にありがとうございました。
個人情報の変更・削除等のご依頼、その他、アンケートに関するお問い合わせにつきましては、
プライバシーポリシーをご確認の上、お申し出ください。
ヘルプ&インフォメーション会社概要投資家情報ガイドへの仕事・取材依頼プライバシーポリシー著作権・商標・免責事項
Copyright(c) 2001-2017 All About, Inc. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。