健康、水、住まい…
All About
美と健康をつくる“軟水”にこだわる暮らし
人の暮らしに欠かせない水。なかでも飲料水は、硬度の違うミネラルウォーターを目的に合わせて飲んだり、浄水器を設置して料理に使用したりすることが当たり前となっている現在。最近では、キッチンやバスで使う水についても「肌や髪にやさしい」という観点で選ぶ人が増えているのをご存じでしょうか。人にやさしい水を選ぶこと。それは、地球にも少しだけやさしくなれることを意味しています。人にも地球にもやさしい水のある暮らしについて、ちょっと考えてみましょう。
image
軟水といわれる日本の水の、意外な硬度
水分中に含まれるカルシウムやマグネシウムの量によって水の硬度が決定されることはご存じかと思います。硬度分の平均値が50前後といわれる日本の水はWHO(世界保健機構)の分類では「軟水」の部類に入り、古くからお料理用、飲料用、お風呂用などにそのまま利用されてきました。しかし、軟水のはずの水も地中を通って家庭の水道から出てくるまでには、意外に多くの硬度分を含有することになります。

身体に必要なはずのカルシウムやマグネシウム。飲料水として飲む場合にはプラスの作用となりますが、洗顔、洗髪などで石けんと一緒に使用する場合は、硬度分と石けん成分が石けんカスとなって肌に残り、肌や髪が荒れる原因になることがわかっています。

反対に、硬度分が少ない水はまろやかで“おいしい”水として、飲料用から料理用まで幅広く利用されていますが、肌に触れたときも“やわらかな”手触りで肌や髪を荒らしにくいとして、美容室や化粧水など美容業界では取り入れるところが多くなっているのです。
硬度の高い水が原因で起こる困った現象と硬度の関係
▲WHOでは、硬度が0mg/L以上60mg/L未満が軟水と定義される。日本では、雪の多く降る地域の硬度は40前後だが、関東の一部やサンゴ礁が広がる地域では硬度が81以上あり、硬水の分類に入る。
image
▲軟水を使用すると、少ない洗剤の量でも泡立ちやすくなるため、使用する洗剤量を減らすことができる。環境面にもプラスになるのだ。
肌にも環境にもやさしい、軟水の力
温泉に入った後、湯船から出た後も肌がつっぱらず、すべすべするような手触りを実感したことはないでしょうか。肌に残った石けん成分は肌の水分を蒸発させやすく、これがつっぱり感の原因のひとつになると言われます。ところが、温泉、特に硬度の低い水による温泉では、石けん成分が肌に残りにくいために、保湿効果があがって温かさも長持ちするのです。

家庭のお風呂でも、水の硬度を下げることで温泉に入ったときのようなすべすべ感が得られます。さらに軟水は、少しの石けんの量でよく泡立つので、石けんの使用量自体も抑えることができます。また、肌だけでなく浴槽やシンクなどにカビの原因ともなる石けん成分が残りにくくなるために、清潔さもアップ。お掃除が楽になり、石けんや洗剤の使用量が減ることで環境にもやさしいということになります。

日本の水道水の平均硬度は、約60mg/L。欧米の多くの地域では200〜400mg/L程度の硬度があるため、日本の水は軟水であると考えられています。そのため、欧米のほとんどの家庭についている、水道水の硬度を下げる「軟水器」も、日本ではまだ、使用している家庭はあまりありません。しかし、軟水を使用することによって、美容面、健康面、さらにお掃除の面でもプラスになることばかりなのです。
水、空気、眠り、健康…人にやさしい設備がととのった暮らし
水、空気、睡眠…人が生きていくためには欠かせないこれらの要素に対して、より安心できる設備を住まいに取り入れたら、暮らしはもっと快適で健やかなものになっていくでしょう。

たとえばこれまでご紹介してきた“水”。飲料水に浄水器を、お風呂やキッチンで使用する水に軟水器を取り入れたら、安心して水を使用できるだけでなく、特別に意識しなくても環境にも貢献できることになります。
そして空気。無意識に吸い込む空気に含まれるアレルゲンは、身体にさまざまな影響があることはご存じの通りです。家の中には、アレルゲンが除去されイオンがたっぷり含まれた、自然に近い空気が常に満たされているというのは大きなポイントです。
それから睡眠。外部からの音を遮断し、セキュリティ面でも安心してぐっすり眠れる環境は、翌日の活動をより活発なものにするでしょう。


人の幸せのベースとなる健康をささえる住まいを、探してみませんか?
image
健康にこだわった家づくり「I-wish 健康宣言」
ダイワハウスでは、「I-wish 健康宣言」をテーマに、「水の質」「空気と温度の質」「睡眠」にこだわり、さらに身体から発信されるシグナルを見逃さない「健康管理」にこだわった住まいづくりに取り組んでいます。
浄水器や軟水器、自然な空気環境を保つ換気浄化システム、外界の音を遮断する多層構造の外壁、不法侵入を防ぐ窓やドア…。なかでも注目したいのは、毎日のトイレタイムがそのまま健康チェックタイムになる、インテリジェンストイレです。


ダイワハウスは「健康」をキーワードに住まいづくりを考えています。
詳細情報はこちら
image

提供:大和ハウス工業株式会社
掲載期間:2006年1月6日〜2月5日 【PR】
ご意見・ご感想をお寄せ下さい。
 
※All Aboutのアンケートは締め切りました。ご協力いただき、誠にありがとうございました。
個人情報の変更・削除等のご依頼、その他、アンケートに関するお問い合わせにつきましては、
プライバシーポリシーをご確認の上、お申し出ください。
ヘルプ&インフォメーション会社概要投資家情報ガイドへの仕事・取材依頼プライバシーポリシー著作権・商標・免責事項
Copyright(c) 2001-2017 All About, Inc. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。