title外国為替取引 取材協力:ひまわり証券
損益の計算が自分でできる外国為替取引の仕組みをレポート外国為替取引の仕組みをレポート
「300万円貯める!殖やす!」ガイド 大沼恵美子さんプロフィール
商品先物取引や株の信用取引きと同じように、ハイリスク・ハイリターンの商品というイメージがある「外国為替取引」。実際どのような商品なのか説明を聞きにひまわり証券(株)を訪問しました。想像していた商品とは違い、外貨預金や外貨MMFのようなミドルリスク・ミドルリターンの商品であることが分かりました。この「外国為替取引」をひまわり証券(株)では「マージンFX」と呼び、現在初心者のOLや主婦から金融のプロまで多数の人が口座を開設し取引に挑戦中です。
■ 外国為替取引はスワップ金利がポイント
金利差が「スワップ金利」を生む
外国為替取引の収益は「為替差損益」+「スワップ金利」で決まります。為替差損益が為替レートの変動で発生することは誰もが知っています。では「スワップ金利」は?写真「スワップ金利」とは「2通貨間の金利差」のこと。「金利の安い通貨を売って金利の高い通貨を買うと、スワップ金利を受け取る。逆に金利の低い通貨を買って金利の高い通貨を売ると、スワップ金利を支払う」といった、金利差を売買して収益を上げるシステム――例えば、10月2日10万ドル単位の「米ドル買い/円売り」スワップ金利は+580円。「円買い/ドル売り」スワップ金利は-680円(+は受け取る、-は支払う意味)――です。スワップ金利は銀行金利のように、取扱会社によって提示額に差があります。

損益分岐点を計算しよう
スワップ金利は日々変動し1日単位で計算しますが、取引を決済(解約)した日に一括して受け取りまたは支払います。実際の金銭の受け渡しは2営業日後です。スワップ金利や為替レートは株価のように変動するので、損失が出ることも当然考えられます。収益の計算と同時に損益分岐点(=利益0円)となる為替レートを計算しておくと、損失を予定内に収めることが可能です。
<収益の計算方法>
<損益分岐点の計算式>
<損益分岐点の計算式>
■ マージンFXは24時間取引で手数料が安い
自由度が高く損益分岐点の計算がしやすい
外貨定期預金に比べマージンFXは、手数料が安い、利息が「円」で毎日計算され確定する(ドル円の場合)、リアルタイムの為替レートで24時間いつでも売買できるので為替変動に機敏に対応できる、など自由度が高く損益分岐点の計算がしやすいというメリットがあります。反面、5%の証拠金取引(=実際は20倍の金額を取引)なので、取引状況が把握しがたく予想外の損失につながる可能性があるというデメリットがあります。

「300万円貯める!殖やす!」ガイド 大沼恵美子さん
ドル外貨定期預金 マージンFX マージンFXのメリット
※ドル円の買いの場合
手数料
(1ドル当たり)
50銭〜1円 6銭〜20銭 安い
利息/
スワップ金利
ドルで受け取り 円で受け取り 為替リスクがない
取引期間 満期日が指定 自由 為替変動に機敏に対応できる
準備資金 全額 証拠金
(取引額の5%)
少額
税金 元金の為替差益は雑所得。利息は20%の源泉分離課税。 雑所得 20万円以下の利益は確定申告不要の場合がある。雑所得の中での損益通算ができる。
外貨定期預金の収益 マージンFXの収益
1ドル=118円 -59,268円 -36,780円
1ドル=122円 -19,243円 3,220円
1ドル=125円 10,774円 33,220円

外貨定期預金とマージンFXの収益比較

外貨定期預金とマージンFXの収益比較
■ オンライン講座でまずはお勉強
3つの力が収益につながる
キャラクター外国為替取引は「指値で売買できる株+変動金利」のイメージです。リスクは、少額で取引する証拠金取引なので実質売買額が把握しにくいこと、為替やスワップ金利が変動することの2点でしょう。このようなリスクを管理する力はもちろん、カントリーリスクや世界経済の動きに関する情報を収集・分析する力、売買のタイミングを決断する力、この3つの力が収益を左右します。ミドルリスクの金融商品といえども状況判断を誤ればハイリスクの金融商品へと姿を変える、まさに自己責任の金融商品です。したがって、事前の勉強が不可欠です!

インベスターズ・アカデミーでトレーニングしよう
国民生活センターに寄せられる「金融トラブル」に「外国為替取引」に関するものが増えてきました。原因のひとつに、外国為替取引のシステムを理解しないまま取引を開始したことが挙げられています。ひまわり証券(株)では、投資家教育のために無料のオンライン投資講座「インベスターズ・アカデミー」3コースを開講。「フォレックス・コース」は外国為替取引初心者・初級者向けで、「外国為替取引の基礎知識から分析手法、リスク管理など」をマイペースで学ぶことができます。ひまわり証券(株)と取引がない人も受講可能です。この講座でみっちり外国為替取引の特性を勉強して、取引に参加するか否か検討してみてはいかがですか?
リタイアメントプランの流れはリスクのある金融商品に
リタイアメントプランの柱が「公的年金や退職金、預貯金」から、「401Kや投資信託、変額年金」などリスクのある金融商品にシフトしつつあります。投資信託や外貨定期預金が、金融機関にお任せで損益の予測が難しい商品であるのに対し、マージンFXは損益の計算が自分でできる商品です。証拠金に注意しながら定期的に損益分岐点を計算すれば損失を防ぐことも可能です。資産の5〜10%程度を運用するリスクのある金融商品の1つに加えるべく、ただ今「フォレックス・コース」で勉強中です。
口座開設・資料請求 インべスターアカデミー
今すぐ始めたい!講座開設・資料請求はこちら 外国為替取引に興味がある!ひまわり証券のセミナー案内 インベスターズアカデミーで外国為替取引を勉強したい! ひまわり証券のメンバーになりたい!登録・利用は無料のメンバー登録イメージ
All About Japanの使い方 問い合わせガイドへの仕事・取材依頼リンク&アフィリエイト広告掲載コンテンツ提供
会社概要スタッフ募集ガイド募集プライバシーポリシー著作権/商標/免責事項ISIZE
Copyright(c) 2001-2003 Recruit About.com Japan, Inc. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。